ぶら美でプレゼント当選したよ!

あーる、とつぜん♪とトワエモアになる瞬間だったのですが、郵便局がやってきましたね。覚えのない物が届きました。ちなにみ知らない人の為にトワエモアね。

お!ついに俺にも毛ガニが送りつけられたのかな?金なら払わないぞ!と思っていたら、金も受け取らない。受取人も吾輩だし。と言う事で受け取って空けてみたら、おっしゃ!ぶらぶら美術・博物館のプレゼント当選だった!

ぶらぶら美術・博物館の当選の通知

ぶらぶら美術・博物館の当選の通知

お!となりましたね。

当選したのは、奇想の系譜展の図録!

当選した奇想の系譜展覧の図録

当選した奇想の系譜展覧の図録

毎週、なるべく見るようにしている番組。少し前だったら、ゴッドタンでしたが、最近は『ぶらぶら美術・博物館』のみとなってます。だって、高橋マリ子さんが美人だからね。ちなみに番組の事も記事にしていたのですが、初っ端で記事にした番組でのプレゼント応募での一発当選です。

ぶらぶら美術・博物館が面白い

スタッフの皆様、ありがとうございます!ちょっと想定をしたよりも、ずっしりとした重みもありまして、書かれている文章自体を全部は読めていないのですが、番組で取り上げられていた、岩佐又米衛の絵巻を見る事が出来ました。こうした細かいの作品の場合、実際に行ってみるよりも、図録で見た方が、はっきりと分かりやすい。と言うのが大きいので、本当に感謝しています。

面白かった作品

上記で書いている絵巻も凄いのですが、絵巻なので、一枚の画像には入り込まないので、却下。

当選した奇想の系譜展覧の図録の気になった作品

当選した奇想の系譜展覧の図録の気になった作品

なんだろうね?仙人かな?仙人同士が、お?久しぶり!みたいな感じで会っている感じですけど、なんか片方はしかめっ面しているの。会いたくて会いにきたんじゃないんだろうね。身なりで人や仙人様を判断してはいけないと思いますが、きっとあれだよ。左が金を貸してる方で、右が借りてる方だよ。

でも、もしかたら逆かもね。左はなんかお椀を持っているので、金貸して!と言って、右側がないよ!と答えて、え?となっている瞬間かもしれません。

おまけもついてた

ぶらぶら美術・博物館の当選したら、付いてきたおまけ

ぶらぶら美術・博物館の当選したら、付いてきたおまけ

何だか、本に挟むタイプで、切って使ってね。と言う事なのですが、文庫本でもない限り、もう、これをそのまま使えば良いよね。

それよりも、同じのを二枚も芸がないよね。どうせなら、山田五郎の尖っている所を拡大コピーして、それを切り取って使える。とか、なんかそんなのがあれば面白いと思うんだけど、どうだろうか。

で、記事を直すのが、あれだけど、要するに面倒臭いからしていないのですが、
高橋マリ子を終生応援しようと思った話
ここに書かれている事は、完全に勘違いでした。と言う話です。でも、不幸になった人は恐らく誰もいないので、良かった良かった。と言う話です。

で、こちらも更新した方が良いのかも?と思っているのですが、もうちょっと引っ張ってから習性をしたいと思います。
高橋マリ子さんが写っているインスタグラムを使って、何となく並べてみた

どうでも良いのですが、この前の銀座中央ギャラリーが出て来た回に登場をした、『おがわらあや』さんが可愛がったです。そして、こっそりとインスタを吾輩もやっていますが、本人発見して、調子こいてコメントしたら、返信も頂けましたので、中身も良い子です。

https://www.instagram.com/ll.irodori.ll/?hl=ja
https://www.instagram.com/irodori_books/
https://www.instagram.com/a_cosmological/

ちなみに、上記が作品のリンク先になります。

見ていたら、全然違うのに、自分の記憶リストの中では江口寿史を思い出しました。なんでだろうね。おがわらさん。改めて全部拝見しましたが、個人的には一番下がセクシーでした。

最後に大事な事ですが、当選したよ!と言う記事はこれきりにしたいと思います。何故なら、これから頻繁に当選を果たす予定なのですが、ちょくちょく当選をした。と言う記事を書いてしまうと、何らかの繋がりや、スタッフが贔屓をしているのではないか?と思う人も、悲しいかな。出てしまう。と思うんですよ。

そうならない為にも、記事はこれきりです。でも、これからも当選をする予定です。と言う事で、大っぴらにはしませんので、スタッフのプレゼント係の方。これからも毎回当選をさせて下さい。宜しくお願い致します。

BS日テレ – 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。