八幡神社の近くにある野原古墳群ってどこだよ?

八幡神社の入口

八幡神社の入口

日本全国に多数あるであろう、八幡神社ですが、こんなに近くにあったら、分かり辛いですよね。

目的は野原古墳群

八幡神社と野原古墳群の案内板

八幡神社と野原古墳群の案内板

失われた世紀を埋める鍵を握っているのは古墳だと思うのですが、あまり大切にされている印象を受けない古墳も多数ありますね。正直、八幡神社自体には、そこまで興味はなく、野原古墳群を目的にここに来ました。

八幡神社の境内の様子

八幡神社の境内にある桜

八幡神社の境内にある桜

八幡神社の本殿

八幡神社の本殿

境内はこんな感じで、結構綺麗な神社になりました。じゃあ、目的の野原古墳群を見に行こうか?と言う気持ちで案内版に戻りました。

野原古墳群ってどこなの?

野原古墳群はこの先?

野原古墳群はこの先?

上の案内版を読んで頂ければ分かりますが、そこそこぶち壊したし、そもそも曖昧な感じの表現で、どこか良く分からないのですが、こっちなの?

切り開いていく勇気が湧かないですし、なんか地面がやっこいんですよね。沈んでぐの。正直、怖い。

踊る埴輪が見つかった場所でもありますので、見ておきたかったのですが、うん。別に遠い距離でもないので、次回にしましょう。今回は大沼公園の周辺案内図であったから、来てみた。位の気持ちで情報収集が足りていなったので、次回までに勉強しておきましょう。

また東京に持っていかれたのか

東京ってやつは、地方から人を奪うは、ロイヤリティーで金を取るは、美術品も奪うわで、ろくなもんじゃないですね。最近は、そんな東京も高齢者が増えてきていて、労働者として役に立たないから地方に移住してくれたら、お金を上げる。とかの話が出ているのですが、労働として期待出来ない老人とかを送り込むとか、どんな嫌がらせだよ?と思う訳です。

こちらで出土した踊る埴輪についても、ちゃっかりと東京の美術館に飾られています。

埴輪 踊る人(東京国立博物館)

同好の士のサイトをいくつか見てみました。

野原古墳群 のはらこふんぐん
野原古墳群
古墳探訪記

半信半疑で、要するに良く分からない。と言う人が多いですね。

野原古墳群(江南町)

こちらのサイトでは、これが古墳だよ。と言う感じで写真付きで紹介をしてくれているのですが、え?そうなの?と言うレベルですね。さきたま古墳群みたいな感じで、ザ・古墳。と言う雰囲気は皆無ですし現場に行っても、雰囲気は若干感じたのですが、私には特定困難でした。

古墳と言ったら、行田市が有名なのですが、あそこは失われた世紀で予想はされていたのだけれども、それを裏付け資料がないよなー。と歴史学会で言われていたのが、鉄剣に刻まれていて、一気に国宝指定をされて、それが見つかった。と言う事で有名になりましたね。古墳も勿論多めではあるのですが、古墳限定で言えば、埼玉の県北周辺には幾らでもあります。

日本の歴史って、この辺りの時代が良く分かっていないんですよね。卑弥呼が登場をしてから、その後、良く分かっていない感じが続いて、間違いない。蘇我馬子はいた。と言う感じで、この間、300年間位が何となくフワッとした時代なんですよね。

応神天皇はいたのが濃厚。とか言われているのですが、倭の五王と言われている、讃、珍、済、興、武、この辺りは、どの天皇を指しているのか?それとも違うのかな?この辺りもはっきりとしていないんですよね。

個人的には大和朝廷の基盤は関西であったんだろうけれども、それとは別の東国と言うのが、大和朝廷とは別に存在をしていた。と思うんですけど、良く分からないですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。