太田孝さんの油絵を飾る

太田孝さんの風景画

太田孝さんの風景画

掛け軸は現状検討中ですが、取りあえず北海道から持ち帰ってきた絵画は飾り終えました。本当はもう一つあったのですが、額縁が破損していて、落ちる可能性があるので、一旦保留。絵画の場合には、大体裏面に名前が書かれているので、額縁を綺麗に磨いたついで、名前を確認した所、太田孝さんの作品である事が判明しました。

太田孝さんって誰?

2005年美術年鑑によると、太田画伯の評価価格は号44,000円にて紹介されている。(P575)
生年月日:昭和28年7月28日岐阜県生まれ。名古屋造形短期大学卒

こうした断片的な情報は出てきました。2018年時点では65歳みたいなので、今でも存命だと思います。現役で描いている可能性も高いのではないでしょうか?でも、この絵画自体は随分前からあったと思いますが、どうなんだろう?いつ買ったのでしょうかね?

取りあえず、金額的には身近な金額でした。もしかしたらうっかりと高値がつくのではないか?とゲスな感情もあったのですが、そんな事が我が一族にはあり得ない。と言う事を実感しましたね。

T.tadao?

十和田湖から渓流

十和田湖から渓流

もう一枚はこちらになるのですが、こちらは作者がT.tadao?になると思いますが、裏面を見ても、漢字で名前が書かれていなかったので、調べても出てきませんでした。ちょっと残念ですね。

T.tadao?

T.tadao?

誰か分かる人がいましたら、教えて下さい。爺ちゃんの存命中に聞いておけば良かったですかね。

なんか、こう、がさつで、品のない人間で、と言う感じで決してポジティブな印象を与えない人柄になりますが、私は結構文化的な人間なんだぞ。絵を飾ったりする前に部屋の掃除をしろ。と親からは叱られていますが、馬鹿だなー。本当に愚かだ。その度に、俺は下なんか見て生きてはいないんだよ。と答えています。

絵のある生活と絵のない生活。断然、絵のある生活の方が良いと思いますので、皆さんも自分の好みの絵を見つけて、部屋に飾ってみて下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。