龍門瀑は独特だけれども、個人的には有りでした

龍門瀑

龍門瀑

前から気になっていたラーメン屋さんの一つ。龍門爆に行ってみました。他のメニューについては、食べていないので、分からないのですが、今回食べた豚そばは旨いです。

龍門爆のメニュー

龍門瀑のメニュー

龍門瀑のメニュー

龍門瀑の紹介

龍門瀑の紹介

お店に入店をした瞬間に、一般的なラーメン屋さんとは違う香りがしました。スパイシー系のお店でして、個人的にはスパイシー料理は、嫌いでして、やべー、大丈夫かな?と思ったりもしたのですが、店長になるべく、こってりしたのが良いんだけど。と言う話をしたら、いくつかに絞って貰って、そこから選んだのが豚そばでした。

豚そばはこんな感じ

龍門瀑の豚そば

龍門瀑の豚そば

これ、旨いよ。

丼と言うよりもお椀タイプの器になっているので、スープを飲むのに苦労をしたので、強いて難点を挙げるなら、そこがうーん。となりましたが、麵は細麵で、どちらかと言えば、太麵の方が好きなのですが、それを全部差し引いても旨いラーメンでした。特に豚が旨かったですね。

良く見ると、左下に中国人と東南アジア出身の人から料理を勉強した。と言う事なので、なるほど、どうりでスパイシーなのね。と言う話なのですが、店内にインドネシアのガルーダがいました。バリ感満載の名前を入れるのもあったりしましてね。普通の人が見ても分からないと思いますが、インドネシア生まれのオッサンの俺氏、何となくほっこりとしました。

位置的に駅前から距離があるので、気軽にまた来よう!とまでは思えないのですが、何かしら、この近くで用事があれば、また行ってみたいお店ですね。

凄くどうでも良い話なのですが、店名が龍門瀑になりますので、角刈りの角田さんみてねーな、親父がやっているお店なのかな?と勝手に想像をしていたのですが、店長すげー大人しい感じでした。こんな荒々しい店名を付けるタイプには見えなかったですね。やはり人間とは分からないものだ。と言う気持ちになりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。