登利平(ピオニウォーク店)に行ってみた

登利平(ピオニー店)

登利平(ピオニウォーク店)

ピオニウォークには色々な飲食店が入っていますよね。と言ってもチェーン店が中心となりますので、いつもはケンタッキーで済ませてしまいお終いなのですが、今回は登利平に行ってみて、親子丼を食べてみました。

登利平(ピオニウォーク店)のメニューの紹介

登利平(ピオニー店)のイメージ

登利平(ピオニウォーク店)のイメージ

取りあえずメニューの写真を撮影してきましたので、そちらの紹介をしておきたいと思います。

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー

登利平(ピオニー店)のメニュー1

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー1

登利平(ピオニー店)のメニュー2

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー2

登利平(ピオニー店)のメニュー3

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー3

登利平(ピオニー店)のメニュー4

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー4

登利平(ピオニー店)のメニュー5

登利平(ピオニウォーク店)のメニュー5

と言う事で、沢山のメニューがありますが、この中から、今回は親子丼をチョイスしてみました。

登利平(ピオニウォーク店)の親子丼

登利平(ピオニー店)の親子丼

登利平(ピオニウォーク店)の親子丼

こちらが、親子丼になります。優しい味わいで非常に美味しい親子丼でした。脂っこいのも、まだまだ食べる事が出来るのですが、徐々にですが、こうした形で豚から鳥に自分の中でシフトチェンジしてきていますね。年配の人でも、後の心配をそこまでする必要もなく味わえる優しい味になります。

ピオニウォーク店 – 登利平

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。