松屋 熊谷店

松屋 熊谷店の看板

松屋 熊谷店の看板

この日は映画を見ての帰りですね。本当は中華料理を食べようと思ったのですが、下の記事でも触れていますが、一人で入店をしたら、カウンター席以外は座らせない。と言う事で、目の前のテーブル席が空いている状態で10分以上は待って下さい。と言う事で、やめてこちらの松屋にしました。別に店に文句はなくて、待つのが大嫌いなだけです。待つぐらいなら帰る。チェーン店でも、呼び鈴ならしてからタバコを吸い終わるまでに注文に来て貰えないと、黙って帰ります。繰り返しになりますが、怒っている訳ではないのです。ただ、すみません。の一言を言うのも面倒なので帰るだけです。

ラーメン昇龍(熊谷)の麻婆豆腐が辛かった

松屋 熊谷店の店外メニュー

松屋 熊谷店のメニュー

松屋 熊谷店のメニュー

全国的に展開をされているお店になるので、特に改めてメニューと言うのを紹介したりはしなくても良いと思います。他の松屋の店舗にも勿論行った事はありますが、別に可もなく不可もない感じですかね。熊谷は映画意外にも髪を切ったりするのに行くのですが、一番行った回数が多い飲食店としては、こちらの松屋になると思います。

食べたのはおろしポン酢牛めし

松屋 熊谷店のおろしポン酢牛めし

松屋 熊谷店のおろしポン酢牛めし

これが一番好きですね。と言いまして、特別に色々と試した事がある訳ではないです。お値段は480円となりますので、ワンコインで足りる値段となります。うん。特別に何か言う事は何もない感じですかね。ちょいちょいと今後も行くとは思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。