Zaifでコイン積み立てをしている話2


2カ月と少し前にこんな記事を書いていました。

Zaifでコイン積み立てをしている話

その語、Zaifで信用取引にも手を出し、どう考えてもシステムトラブルではないか?と思える急落を受けて、現金だけではなく、積立をしていたコインも半分程度持っていかれたのですが、現在総額で積立をしたのが65000円になりますが、72000円となっていて、積立分はプラスに転じていました。

月額換算で言えば、今は2万円ですが、その前は1万5000円と言う金額になりますので、恐らくは誰でも可能な範囲だと思います。流石に月の余剰金全額ぶっ込む訳にはいかないのですが、%で言えば、相当良い部類になるのかな?と思いますね。

調子には波があります

世間一般としては仮想通貨については、懐疑的な人も多いと思います。当たり前でしょうね。個人的には先々には、普通に金融商品の一つになるのかな?と思っています。金融商品ですが、多少は学校で専門家の人から話を聞いたりもした事があるのですが、大概は普通の人の日常生活には関係のないものが多いです。

こう書いてしまうと、ちょっと語弊もあるかもしれませんが、オプション取引とか、普通に生活をしている人には、何も関係がないであろう金融商品になると思いますが、日常的に億単位での取引がされています。株についても、普通の人には、特に何も関係ない。と言う人も多いですよね?仮想通貨の場合には、上手くは説明できないのですが、オプション取引とかよりは、身近な形で、後数年内には目に見える形になるのかな?と思っています。

大本命はイーサリアム

予測としては、ちょっと仮想通貨を齧った人と同じになりますが、やはりイーサリアムが大本命ですかね。詳しくない人にはさっぱり。となるのかもしれませんが、仮想通貨には多くの銘柄がありまして、筆頭としては現時点ではビットコインになるのですが、イーサリアムは時価総額で言えば2番目になる仮想通貨になります。

ビットコインと違う点としては開発に一般の人が誰でも参加をする事が可能となっていて、かつ資本を集める形、いわゆるICOになるのですが、そのプラットフォームとして存在感を持っている点になります。ただし、現状ではICOには詐欺案件も多くなっていますね。一般の人はICOには手を出さない方が良いですし、現状、私もやっていません。ただ、そのうちに詐欺案件が淘汰をされて優良と思える案件が出た際に、試しにやってみたい気持ちもありますので、イーサリアムの買い増しをコツコツと進めながら勉強をしておきたいですね。

生活で仮想通貨が使われるのは、もう少し先かな?

仮想通貨と言う名称が定着をしてしまいましたが、本来は暗号通貨が正しいのかな?と思います。現時点では買い物で普通に仮想通貨を使う。と言う状況になるのは、もう少し先の話になるのかな?と思います。現時点では新しいサービスを作りたい会社やサイトへの投資をする為に必要となる為替。と言う感覚が一番自分にはしっくりときますかね。

どうしても、相場としては上昇局面で、仮想通貨関連の記事を目にする機会が多いと思いますが、崩壊した!とか言われているタイミングで、よっしゃ!積立金を少し増やすぞ!と言うスタンスを取るのが正しいでしょうかね。残念ながら、積立投資が可能なのは現状ではZaifのみとなっていますので、お勧めも何もないのですが、同じように仮想通貨を遊び感覚で積立をしてみたい人は、検討をしてみて下さい。

ちなみに、こんな感じ


2017年にも15000円分を購入していますので、そちらを上乗せして頂ければ、トータルの算出が出ると思います。一応、個人情報については、モザイクを付けておきました。


こちら、現時点での買い銘柄になりますね。大本命のイーサリアムを多め。後は、適当に分配をしていますが、ややNEM強めです。ビットコインについては、コインチェックで保有しているので、あまりZAIFでの購入をしていません。リップルが欲しいのですが、こちらもコインチェックで保有中に加えて、Zaifでは取り扱っていないので、買い増し停止中です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。