THE ROONEY ARMSに行ってきたよ!

THE ROONEY ARMS

THE ROONEY ARMS

ちょっと前にオープン(2018年にオープンみたいです)をしたお店で、ちょっと興味があったお店になります。それが『THE ROONEY ARMS』。アイリッシュ・パブなのは表にギネスと書かれていたので、分かってはいました。ちょっと飲んでみようか?と言う事で入ってみました。

THE ROONEY ARMSのメニュー

THE ROONEY ARMSのメニュー

THE ROONEY ARMSのメニュー

THE ROONEY ARMSのメニュー2

THE ROONEY ARMSのメニュー2

はい。普段アルコールを飲まない、吾輩、良く分かりません。と言う事になりますが、気が付いたらBBQチキンも食べたのですが、写真取り忘れていました。取り合えず、注文をした料理などについては後述します。

THE ROONEY ARMSの雰囲気

THE ROONEY ARMSの店内の雰囲気

THE ROONEY ARMSの店内の雰囲気

THE ROONEY ARMSの店内の雰囲気2

THE ROONEY ARMSの店内の雰囲気2

これはね、タイミング次第です。ハロウィン仕様に10月はなっているみたいで、その時々によってお店の内装は変化をすると思います。取り合えず、お洒落な店内になりますので、一見すると、ソロ活動のオッサン、お断り。店内も禁止だし、スポーツ新聞もないし、とにかくお断り。と言う雰囲気を感じないでもないのですが、店の外に灰皿があるので、絶対にあかんぞ。と言う雰囲気でもないし、そもそもスポーツバー的な要素もありますので、行ける気がしてきました。

で、入ってみたら、行けたのですが、これはねー、多分メニューと価格帯ですね。ソロ活動お断り。と言うよりも、価格的に女子大生お断り。と言う雰囲気を感じないでもないです。実際にお店側は当たり前ですが、そんな事は言いませんが、女子大生がこの価格帯のお店に気軽にこれるか?となると、ちょっと難しいですよね。

これ、文章化をするのが難しいのですが、ソロ活動のオッサンとしては、女子大生がキャピキャピしているお店は入り辛い。と言うのは、多少分かって貰えると思いますが、『THE ROONEY ARMS』は大人のお店ですかね。それで入れました。

注文したアルコールとか

THE ROONEY ARMSでギネスを飲む

THE ROONEY ARMSでギネスを飲む

THE ROONEY ARMSで飲んだZOMBIE CAKE

THE ROONEY ARMSで飲んだZOMBIE CAKE

THE ROONEY ARMSで飲んだZOMBIE CAKEの中身

THE ROONEY ARMSで飲んだZOMBIE CAKEの中身

THE ROONEY ARMSにある珍しいクラフトビール

THE ROONEY ARMSにある珍しいクラフトビール

THE ROONEY ARMSで注文したオニオンフライ

THE ROONEY ARMSで注文したオニオンフライ

上述をしたように、BBQチキンも注文したのですが、写真は撮影をし忘れてしまっていますので、画像は無し。

アルコールについては、普段飲みませんので、味について美味いかどうかは分からないです。ただ、ZOMBIE CAKEですが、面白い味でした。確かにナッツの味もすると、バニラの味もするし、へーー。こんなクラフトビールがあるんだ!と驚きましたね。で、クラフトビールってなんなの?と言う程度の知識です。地ビールの事をお洒落な言い方にしたのかな?と思っていたのですが、調べてみたら、全くその通りでした。良くないよね。そう言うの。サンダルをミュールとか言い始めたり、股引をレギンスとか言いだした頃を思い出しました。

で、料理なのですが、BBQチキン、オニオンフライ。両方とも抜群に美味いですよ。良くを言えば、お皿を変えて貰った方が食べやすいかも。位で、味については文句ないです。

熊谷は面白いと再確認

やっぱり、熊谷には余裕を感じますよね。駅前でこれだけの個人店があるのは面白い。駅前だと、どうしても地価が上昇をして個人で借りるにはシンドイ気持ちになる家賃とかになると思いますが、それでも勝負をしてみよう。と思える勢いがあるんでしょうね。

個人のお店だから、もう店長の趣味全開でエッジの効いているお店が多い気がしますし、こちらの『THE ROONEY ARMS』についても、店長セレクションの洋楽がずっと鳴ってるの。そのセレクションが自分の好みにも近いので、凄く居心地が良かったですね。

『THE ROONEY ARMS』とは関係ないのですが、セレクトショップも多いんですよね。どこのお店とか言えないのですが、店内にいたら、電話がお店にあって、話をしている内容が何となく気になったので、店長に聞いたら、いくら分、任せるから商品送って。とかの内容なんですって。凄く強固な信頼関係を客と結んでいますよね。個人店だと、そうしないと厳しいのかもしれませんが、リスペクトしましたわ。

それに、こうした駅前個人店だと、生まれも育ちも地元。と言う店長が多いですからね。地元ではなくても、近所とかね。だから周辺の話を色々と聞けます。今回の『THE ROONEY ARMS』でも、店長の話を聞かせて貰って、お勧めの店も教えて貰ったりしました。店長って滅茶苦茶稼いでいるのか、ボンボンなのか?良い所を教えて貰いました。知っていたけれども、ちょっとソロ活動で行くには敷居の高さを感じるお店です。でも、これを機会に、そのうちに行ってみたいですね。

と言う事、こちらの『THE ROONEY ARMS』ですが、料理が上手いです。正直、もうちょっと味気ない料理かな?と思っていたのですが、やっぱり実際に行ってみて、食べてみて、話を聞いてみないと分からないですね。

もう、すでに固定のファンの客がついている繁盛店になると思いますが、良い店なんで残って貰いたいですね。気分が向いたら、また行きたいと思います。

『THE ROONEY ARMS』の公式サイト

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。