我が天下の不満をぶちまける

我が天下

我が天下

要するにいじめっ子のゲーム。と言う印象を絶賛受けています。何これ?作った人の頭大丈夫?と言うレベルですね。

悲報・俺氏、ついに課金する


書いておきながら、課金をしてしまったのですけどね。

現在、群守と言う肩書きでレベル的には21なのですが、やっていて、マジでつまんねー。と思う点を書いておきたいと思います。

すげー性格が悪い人が多い

群守になるまで感じる事がほとんどなかったのですが、すげー性格が悪い人が多いです。天下を取ったり、レベルが上がったりすると、次のステージに移り、肩書きも変わります。私自身は群守になりますので、上のステージの状況は分からないのですが、より敵が強くなるみたいです。それは当たり前ですかね。

ただし、それを避ける為に、あえて、ポイントを加算しないで、この群守で残って、群守の中ではかなり強い。と言う形でキャラクターを揃えたりして、上にあがらないようにしている人がチラホラいます。同時に複数のプレイヤーが参加をしますので、そうした人が必ず同じフィールドで登場をしますね。

殺してくれるのであれば、何も問題はないのですが、殺してしまうと、ポイント加算をされてしまうので、それを避けて、一つの城だけを残して、絶対にこちらが勝てないような武将を配備して、後は放置となります。

ゲーム内での金銭や秤量を使って、闇市での買い物も出来ない状態に追い込まれて、220年まで降伏出来ないので、何も出来る事がないまま2日程度待たされたりします。これ、いかんでしょう?嫌がらせであり、苛め以外の何者でもないプレイスタイルですよね?思い切って介錯をしてくれるならまだしも、生殺しです。こうしたプレイヤーは追放をした方が良いと思いますけどね。ただし、それは現実的に出来ないでしょうから、城を奪い取った時点で、ポイント加算をさせる。とか、そうしたシステムに変えて貰いたいです。

やっぱり回復系はクソ過ぎる

ゲームシステムの問題ですが、回復系のキャラクターが異常なまでにゲームをつまらなくしてくれていますね。レベルやキャラクターに差はあれど、こちらだって、多少はダメージを与えているはずなのに、回復系のキャラクターの存在のせいで、終わってみたら、こちらの兵士が2万死んで全滅したのに対して、相手は200のダメージとか、は?となるでしょう?相手が強くても、何度も削る事で光明を見出す事が無理な状態なんですよね。

おまけに、最終的に倒した兵士の数で経験値獲得が決まりますので、強いプレイヤーと戦う為に経験値を獲得をする事が出来ない。つまり、差を縮める事も出来ない訳です。最高にいかれてるでしょう?

月額600円の課金をしているのですが、これ、もう差が埋まらないし、結局レアカードが出るのに必要なのは運と長期的に取り組むだけになりますので、もう辞めようかな。と思っています。

なんか面白いとか、前に書いてしまいましたが、このゲームは駄目だわ。これから始める人に、上を目指さないでなぶり殺しにしているのを楽しむ歪んだプレイヤーが中盤に大量にいて、やる気を大幅に殺いでくれます。ちなみに、レアカードについては、2万円使えば、確実に一枚は出る計算らしです♪無理に決まってるだろ。と言う感じですね。

回避系も、中々エグい感じでしたが、序盤を超えると、当たろうが何だろうが、あっと言う間に全部回復させてしまうぜ!と言う回復系のキャラクターが台頭をしてきます。同じ位の実力の人同士に適切に振り分けて貰えるのであれば、楽しいゲームになると思いますが、レベルだけで判断をされてしまい、持っている手持ちのカードや武将の進化具合などが一切配慮をされていないので、

一応ですが、私自身は殺せる相手は殺して上げていますよ。ゲーム内の目標などがあり、それを達成したいから、殺さないで言われたら殺さないですし、叩き潰す時には叩き潰してあげます。そうしたら、新しいステージでもう一度やり直せるのですが、絶対にそちらの方が良いですからね。

運営、マジで何とかしろ

同じ階級で同じレベルになるのですが、どえらく強い人とチャットをやったのですが、どうにも原因は上が詰まっている事が起因になっているのかな?と言う事が判明しました。

何でそんなに強いのに、上に行かないの?と聞いたのですが、回答としては上に行く為の準備らしいです。準備の為に天下取るのを邪魔される。と言いますか、絶対に勝てないだけの圧倒的な強さを見せつけられてもね。頑張れば。とかの世界ではないんですよね。

総力を強くするには、レベル上げよりも、どんなキャラクターを手にいれるか?に掛かっているのですが、このキャラクターを手にするには、課金以外では、天下取るのが一番なんですよね。確率的に15%とかでレアキャラクターをゲット出来るカードが手に入る宝箱が貰えるのですが、これを同じ階級のはずなのに、滅茶苦茶強い人は狙っているのですね。

確実に勝てないので、同じステージで戦う事になった人としては、コンピュータや同じ程度の強さの連中と戦って、せいぜい経験値獲得しかないです。

私は上に行けるなら、さっさと行きますが、そうではなく、結果としてダラダラと経験値獲得をしてきた人であれば、そのうちに上が空いて、あれ?俺の番かな?と言う事で、今度は同じ事をし始めるんですね。さっさと上に行けよ。となるのですが、運営側のシステムのミスで、天下を取っても、階級獲得で必要となるポイントは獲得をしないまま天下取れるんですね。

で、敵を最後に倒した人に、その階級が入る仕組みになっていますので、ガリガリと削った人には経験値が入り、トドメだけ刺した人に、次の階級に必要となるポイントが入ります。結果的に同じレベルでも、戦力に差がつくのが、何となく分かると思います。上がしかるべき階級に向かってくれないと、いつまで経過をしても、経験値獲得もし辛い仕組みになっているんですね。で、経験値を獲得出来ないので武将の強化が出来ない。と言う悪循環。

完璧なシステムは無理でも、明らかにモチベーションが下がるシステムですよね。プレイヤーレベルとしては同じレベルなのに、私の4倍程度のプレイヤーがいますが、レアキャラクターは私が6人程度に対して、20人とかいるの。武将のレベルも徹底的に上げられていて、結果的に同じ程度の兵力で、すんげーボコボコにされて終わり。

天下取ればポイント獲得。城を取った数もポイント獲得。この辺り、当たり前でしょう?と思うのですが、こうした不備を付かれて、永遠と同じ階級にいるけれども、日数的に少ないプレイヤーをボコボコにし続ける感じになっていますので、うーん。本当にゲーム的にも改善をした方が良いと思いますけどね。

誰もが納得出来る仕組みにした方が、ゲームとしても良いと思いますけど。

朗報!多少改善される

我が天下のアップデートが行われました。今回のアップデートでは、各階級において、覚醒に上限を設けられた事です。これが一番大きい変更点でしたね。多少はゲームバランスも改善をされたのですが、この覚醒の上限設定ですが、個人的にはやらないよりはマシ位の印象です。

今、この追記をしている時点では、刺史に階級がなるのですが、レアなオレンジの場合には、4つまでの覚醒OKになっているのですが、私のオレンジの覚醒は1です。しかも、数人程度で、頑張って副将の青の覚醒を行っている段階で、とてもではないのですが、オレンジは覚醒ポイントが高いので、中々そちらには手が回りません。

同じラウンドで、覚醒4のオレンジ武将がズラリと並んでいる相手には赤子の手をひねるが如く、ひねり潰されます。ただ、別に駆け足でやっている訳ではないので、普通にやっていたらこんなものですよ。オレンジ武将がズラリと揃っていて、覚醒マックスの武将が並んでいる方が、どうやってるの?と言う感覚です。行こうと思えば、すぐに上に行っても即通用する戦力なんですよね。

ポイントで階級を設定するのではなく、天下を取った回数で階級を分けるべきだと思いますけどね。頼むよ運営さん。

朗報!すげー強い韓国人と同盟を結ぶ

ラストキル。と言うゲーム内用語がありまして、最後に相手を倒すと、ポイントが加算をされてしまい、それによって、階級が上がるのが嫌で、ラストキルを相手に依頼をする。と言うスタイルをやっているプレイヤーが少なくありません。私は階級ポイントは今の階級ではまだまだなので、敵を倒しても、特に気にならないので、ラストキルを請け負う事で、すげー強い韓国人と同盟を結びました。

もちろん、天下取れた訳ですが、ゲーム内での友人関係になりまして、連続統一をする為にお互いにメリットがある感じでやっています。

一気に天下を取り始めた訳ですが、やっぱりねー。根本的にゲームバランスを見直して貰いたいですね。大体だね。私が始めた頃よりも、馬が増えていたりと、武魂が集めにくかったりと、新規と旧来のプレイヤーとの差を詰める為の施策がない状態となっていて、非常にビギナーには厳しい感じです。

それに劉備もろしゅくも未だにいない状態となっていて、これ何て罰ゲーム?と言う状態ですが、ここから少しは強くなれそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。