コスモ夏祭りに参加してきました

コスモ夏祭りの横断幕

コスモ夏祭りの横断幕

ジュース1本50円。焼きそば100円と言う破格の料金で提供をされているのがコスモ夏祭りになります。

今年は人が少なかったみたいです

祭の提灯

祭の提灯

例年参加をしている訳ではないので、いつもの人数と言うのが分からないのですが、今年は近場の他の地区とも日程が重なってしまった関係で人が少なかったみたいです。

場所的にも、他の地区のように広めの公園を使っている訳ではないので、ちょっと狭いのかもしれませんね。でも、もうちょっと中山団地から来ても良かったのかな?と個人的には思っています。

コスモ夏祭りの魅力

コスモ夏祭りの魅力は上述をしているように、焼きそばとかジュースが安い点です。ジュース50円。唐揚げとかも50円。焼きそばも100円。とかそんな感じです。儲けるつもりがないからこそ実現できた超お得な料金設定です。

で、人が少なかったので、最後は投売り状態で、もっと安くなりました。充分に歩いていける距離でありながら、一度も参加をした事がない為、そうした事を知らなかった人も多いと思います。私も知りませんでしたからね。

朝から、それなりに頑張りました

朝から準備の手伝いをさせて頂きました。その他、午後からもバックヤードで自分なりに頑張らせて頂きました。隠してもしょうがないので書いてしまいますが理事会に入っておりますので、手伝う。と言うよりも参加をしないといけない立場になります。

どうせやるなら楽しんでやった方が良いでしょう。と言う事で自宅で休憩をしている間以外は極力暑いとか言わないようにしていたのですが、やっぱり暑かったですね。お祭りとかで、オッサンが大体奥の方で疲れ切っているのは、本当に疲れているから。と言う事を身をもって知りました。

ご褒美にお寿司貰う

お土産に貰ったお寿司

お土産に貰ったお寿司

お土産に貰ったお寿司はこんな感じでした

お土産に貰ったお寿司はこんな感じでした

ボランティアの方、役員の方、手伝ってくれた人達にはご褒美として、お寿司が配られまして、有難く頂きました。正直、ワサビが苦手なんだよな。と言う事で一緒にビールも貰ったのですが、実家に届けにいくか。。と思っていたのですが、一応袋を開けてみると、さび抜き!やったぜ!と言う事で私が美味しく頂きました。

手伝って頂いた方、その他の方、お疲れでした!来場して頂いた方、ありがとうございました!来年も来てね!

姪っ子が来てくれた

小学3年生になる姪っ子が来てくれていました。年齢通りにいけば、私の葬式を見てくれる姪っ子。最終的には桟橋に連れて行って貰って、私は遺書を残して飛び降りる予定になりますが、どうなる事やら。取り合えず、今のうちに色々と色々と仕込んでおかないといけないな。と思いまして、たまたま抽選で二等賞が当選をしてギフト券を貰いましたので、全部姪っ子にお小遣いとして上げました。

何にもない場面で、いきなりお小遣いを上げるのも、何だかげすい感じがしますからね。ちょうど良いタイミングでした。自由に使って貰えればと思います。

理事会に入って色々と考えが変わった

まーね、役員なんて基本的には誰もやりたくないんですよ。どこの理事会も同じだと思います。推定最年少で独身の独り身で理事会で朝それなりに早くに起きて理事会の会議に出る。とか、結構な拷問な訳ですが、やるからにはちゃんとやりたいとは思う訳です。

ごみゼロ運動とかも、出るものだろう。と思って一回だけ、寝過ごしてしまい不参加がありましたが、それ以外は毎年出ているはずです。で、思ったのが、若い人で出ている人は物凄く少ない。と言う事ですね。

私は本業はこのサイトではないのですが、別のサイトでインターネットが生業になりますので、色々とサイトとかを見たりしているのですが、威勢の良い事を言っていたり、自由に生きる。とか言っている人も多いのですが、近所のゴミ掃除もしねーやつで粋がってるんじゃないよ。と言う事で、何だか悲しい気持ちになりましたね。若い人で保守が増えているらしいのですが、ゴミ拾いもしないで何が保守かね?と思うようになりました。

理事会とかでも色々と話が出ているのですが、うーん。色々と面白いですね。

自分と同年代で理事会に出ている人なんて皆無でしょうから、はっきりと書きますが、すげー同年代に対して上からの目線になりましたね。お前、偉そうに言っているけど、ゴミ掃除もしねーし、夏祭りにも参加しねーだろ?とか、そんな気持ち。それで保守とか、何を保守しているの?と言う感覚です。

で、今、中野剛志さんの『日本の没落』と言う書籍を読んでいるのですが、これが面白いし、凄く現状の分析も見方として鋭いですし、自分がぼんやりと思っていた事と符号する点も多くて楽しいです。書かれている内容は絶望しかないのですが、言葉としては適切ではないかもしれません。

タイトル通り、日本のお先は真っ暗ですよ。と言う事が全体的には書かれているのですが、都市部で生活をしている人を大衆。地方で土地に縛られて生きている人を民族と書いているが、今年二番目にグッときましたね。

まー、ごみゼロ運動に参加をしている人を見る限り、Twitterで吠える人はいない感じですし、Twitterで安倍総理しかいない!とか言っている人もいなそうですね。威勢の良い事を言っている人は、ゴミ拾いもできないんだろうな。と思えるようになりました。

ちなみに私はアナーキストで保守ではないみたいです。だから別に夏祭りとかもいらないんですよ。伝統とかマジ勘弁位の気持ちです。ただ、現実的にはアナーキストは難しいから、しょうがない。それならば保守の立場に立ち、日本鎖国で無二念うち払い令を施行しましょう。と言う立場で、保守を通り越して国粋主義です。

グダグダと書いていますが、保守とか言うなら、ゴミ拾い位は参加した方が良いし、地域のイベントも参加しましょう。アナーキストの私がやっている訳ですからね。ごみ収集の件でTwitter界隈のカリスマが寝言を垂れていますが、ゴミ収集業者と契約とか誰がしていると思ってるの?と言う話で、あー、この人、色々と書いているけど、理事会とかに参加した事もないんだろうな。と言うのが伝わりました。当たり前の話、地域の自体にお金を払っていると思いますが、管理をしている人もいれば、業者と契約をしている人もいるんですよね。誰だって、そんな事をやりたくはないのですが、必要な事だから休日返上で取り組んでいるんですね。頭が上がりません。

でも、凄く若い男性もボランティアで来てくれていて、その子に対して、オッサンは物凄く期待をしたいと思います。偉いよ。休みの日に準備のボランティアなんて、私はした事がない。立派な人になってくれるんでしょうね。こうした世間が注目を一切していないであろう若者に対して凄く注目をしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。