2022年 よさこい シン・陣屋まつり東松山に行ってみた

2022年 よさこい シン・陣屋まつり東松山に行ってみた
2022年 よさこい シン・陣屋まつり東松山に行ってみた

時はそれだけだ!と言う事で、丸広百貨店でこんなのがありましてね。

丸広百貨店であったポスター

下にスリーデーマーチとありますが、これはほら、国際的なイベントですからね。世界中から人がやってくる。今年はまだまだ少ないでしょうが、オランダ人とかも沢山きますよね。姉妹都市と言う関係で。こんな国際的なイベントを熊谷や坂戸の人は知らねーなんて、おったまげる訳ですが、取りあえず、ほー。と言う事で、どれ位しょぼいものか、見ておこう。と思って実際に行ってみたら、色々と良い意味で予想を超えていました。

シン・陣屋まつり

会場案内図

フード会場は別に良いんですよ。このフード会場については、予想の範囲内のしょぼさで、安心させてくれた訳ですが欲張りバリューセットで、同時に二つの場所で踊りが披露をされていました。やめーや。時間の関係もあるのでしょうが、二つは同時に見れないじゃないか!

シン・陣屋まつり(ステージ会場)

シン・陣屋まつり(ステージ会場)

こちらが、ステージ会場の方での演技披露となっています。丸広百貨店の駐車場ね。

シン・陣屋まつり(流し会場)

ああ、ごめん、右下の子、もろに顔が出ているから、モザイク付けた方が良いですかね?本人様から連絡がありましたら、モザイクつけます。

出演された方々

開始時間からいたわけではないです、何やら、スリーデーマーチの会場の方でも、何かあるらしいぜよ。と言う雰囲気と情報を吾輩は鬼太郎のごとき、電波キャッチをしていたので、全部は見る事が出来ませんでした。

取りあえず、『よさこい シン・陣屋まつり東松山』の感想ですが、思っていたよりも、全然良かったです。もう正直、すげーしょべーと思っていたのですが、中々どうして、見応え充分でしたね。

そして予想通り、市から頼まれてなのか?流し会場の特等席には、大木さんの姿が。大体、東松山市の広報の雑誌あるじゃないですか?あれ、大木さんが撮影をしているんですよね。

スリーデーマーチの会場がどえらい事になっていた

いつから?おっさんが小学生や中学生で、強制的に歩かされていた頃、と言いましても20年以上前ですか。その頃とスタート会場の位置に変化はなく、あの役所の駐車場と松中?松一小?どっちか分からないのですが、その辺りですよね。なんかジュースとか、そうしたのを配る人と、記録係がいた記憶しかなかったのですが、欲張りバリューセットを超えてるぞ!と思う位に、色々とありました。

ステージ会場の写真は松山女子高校の書道のパフォーマンスですかね。その他は人が少ないのもありまして、比企一族の歴史の話や大河ドラマのパネル?と言って良いのか分かりませんが、色々とありましたが、もう食べ物とか、沢山販売をされていましたよ。人も沢山いたので、写真撮影はしませんでしたが、どうしたの?と思える位でした。

おっさんは、10キロを一日で終わらせていたのですが、これさ、30キロとか歩いた人が、食い物食べるかな?まずは休憩したいよね。と思うのですが、別にスリーデーマーチに参加をしなくても、会場には入れます。極めてタイムリーに言えば、明日もやってるのかな?

繰り返しになりますが、写真撮影は控えましたが、沢山お店が出ていました。もしも明日もやっていたら、是非とも行ってみて下さい。

吾輩は頼家の位牌について、色々と話を聞かせて頂きまして、最初は伝説と知らなかったので、そうだつたんだ。と思ったりしたのですが、史実の方では、ないでー。と言う形になり、位牌もどうやら、ベースは鎌倉時代、でも江戸時代に工作をしたのではないか?と言う説もあり得る訳ですな?と言う吾輩の鋭い考察に、それもあります。と担当者が答えてくれていました。頼家の位牌を捏造とか、すげー暇なやつもいたもんだ。と思いました。

何か貰ってきた

クリアファイルとかさ、少し前までは、すげーいらねー。と思っていたりしたのですが、今は何枚か欲しいと思っていましたし、柄があると、使い分けしやすいですよね。今なら、コロナ関連。要するにワクチン接種証明書とかは、このクリアファイル。とか、健康診断の通知とかは、このファイル。とか、嫌なワードではありますが、色々とあると必要で便利よね。となりました。

この冊子が以外と読み応えがありそうなので、後で読みましょう。

ミスター富士山がいた!

一通り順番に歩いていたら、何だか本が置いてあるブースがあるんですよ。で、基本的に下向きに目線を落としていたので、あれ?本が置いてある。と思いましてね、顔を上げると、パネルがありまして、マツコ・デラックスは良いとして、現在の天皇陛下が皇太子時代に合われたと言う写真がありまして、むむむ?となりまして、顔を中央に寄せると、おっさんがいるのね。

で、本の表紙にもおっさんが写っている訳ですが、あれ?同じ人?となりまして、本人ですか?と聞いたら、『はい!』と言う訳です。

ちなみに本のタイトルがは『富士山に二千回登りました』とありまして、やべーでしょう?と思える位の回数ですよね。どうして?何があなたをそこまで突き動かすんですか?となりまして、興味津々になりまして、少し實川さんとお話をさせて頂きました。いやー、実は一回だけですが、僕も富士山に登った事がありまして、その時は、ご存知かと思いますが、東松山の登山家の、、と言いかけた所で、東松山PR大使だか、何だか分からないのですが、言いかけた名前の大山さん登場。あ!どうも!お久しぶりです!ちなみに、大山さんのページ。

アルピニスト 大山 光一(おおやま こういち)さん

大木さんも、大山さんもですが、吾輩の名前は知らないと思います。でも、見覚えがあるな。と言う事で、この圧倒的な優位性に立てる、心地よさ。

それよりも、大山さんも含めて、色々とお話を聞かせて頂いたのですが、お互いにマスクをしているから、お互いに聞き辛くて、え?うん?みたいなのがありましたが、楽しいひと時を味わう事が出来ました。

で、購入させて頂きました。

現在は自費出版となっているので、右側の画像を参考に興味のある方は、問い合わせなりをして購入をしてください。普段は静岡県に住んでいるみたいで、良くぞ埼玉県の東松山まできて頂けましたな。と思いましたが、これぞ、大山さんのパワーよの。と勝手に思っておきたいと思いますが、日本山岳会員の繋がりみたいです。天皇陛下も入っているみたいで、吾輩も入ったら、天皇陛下と一緒に記念写真とか取れるのかな?

實川さんからサイン貰ったよ!

流石に下の名前は消しておくか?と思って、ついでに指にもモザイクを入れてみたら、余計に面白い感じになったので、そのままにしておきます。

この時点では、2172回を達成していて、富士山にちなんで、2430?を目指しているみたいです。皆なろうの3776に変更を期待しています。

ちなみに、おっさんも書道をやっていますので、『人生は挑戦だ!!』の【人生】の部分にグッときました。おっさん、これ、どこかでパクリます。

食ったの!

食ったの!

あのね、みたらし団子は、富久屋ね。150円。もつ煮と唐揚げは両方で1000円で、普段はどちらにあるんですか?と聞いて、場所も何となくわかったのですが、もう忘れました。もつ煮も美味しいけれど、唐揚げがバリ旨!

何て店だっけかな?ヤオコーの近くの住宅展示場がありまして、とか、その辺りは覚えていますので、調べてみたら出ました。『くりはら食堂』さんです。行けない距離ではありませんが、最近は東松山市内を、おことぬし様、要するにイノシシが出てくるので、途中で遭遇するかもしれませんね。遭遇したら、どうしましょう?『我が名はおっさん!東松山のチベットから来た!』と挨拶した方が良いのかな?もしも、突っ込んできたら、どうする?タイミング良く、角を両手でキャッチ出来たら、生きろ!と叫んでぶん投げて良いのかな?

取りあえず、未経験のお店になりますので、くりはら食堂さんには、近いうちに行ってみましょう。

トータル的な感想!

あのね、熊谷のうどんサミットもそうなんですが、欲張りバリューセットになり過ぎてしまっているんですよ。しかも、丸広百貨店の駐車場と市役所まで、地味に距離があるぞ。まー陣屋まつりですから、陣屋があった場所までが配置をされている訳ですが、丸広の手前で陣屋は終わっていたんじゃなかったかな?陣屋について詳しく知りたい方は下に配置をしているページの書籍を図書館で借りて読んでみてください。

食べ物に関しては、保存がきくタイプの物であれば良いのですが、その場で食べる系が多いと、色々と食べてみたい気持ちになっても、そんなに食べられないよ。となりますからね。

演武の披露も時間的に仕方がないのかな?どうしたって、二つは見る事が出来ないのですが、東松山市のYouTubeチャンネルか何かで、全部のが見れたりしないですかね?あるの?全然調べていないのですが。

スリーデーマーチの会場にあったお店とかも、全てのブースのとか、短い時間で良いから、紹介をしてくれている動画とかあったら、嬉しいな。と思います。そもそも、おっさん、人混みが嫌いなんですよ。ましてや、コロナちゃんも、また増えてきているし、感染したらリスク要因のお薬も飲んでいるので、人混みが嫌いから、人混みにいたくないにレベルアップした。と言うのもありますが、どうせ、大体ネットで販売をしているだろうから、じっくりと見る時間がなかったので、そこが惜しいですかね。あ、スリーデーマーチ会場の方の動画配信とかもみたいですよね。リスク覚悟でドローンで上空からの映像とかもないと、書道とか、途中、どうなっているのか?分からないんじゃないの?

何一つ、今回のイベントには協力をしていないのですが、東武線?のブースでね。カードが販売をされていたんですよ。鉄おたでは全くないので、微塵も興味がなかったのですが、カード3枚で100円は良いとして、カード入れ700円はたけーよ!と文句を言っておきました。あと、もうどうせなら、コンプリートセットも販売をしておいて貰いたいけれど、それは言いませんでしたが、参考にさせて頂きます!と会社の方は言っていました。

結果としては、予想を大きく超えるイベントとなっていて、見る物が一杯ありすぎて、全部をしっかりと時間一杯使っても見る事が出来ないのが、残念だったかな。イベント自体は見る物が沢山あって良かったでのですが、上にも書いているように、欲張りバリューセット過ぎてしまっていましたね。その辺りが少し勿体なかったです。

東京ギバチ 第23回東京よさこい 2022年10月8日 池袋西口公園会場

到着した頃には終わっていた、東京ギバチさん。派手な衣装で、どんな演武をするんだろう?と気になっていたのですが、こうした演武だったんでしょう。

パンフレットは貰ってきたから、後で順番に見てみましょうかね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。