三金(駅前の炭火の焼鳥屋さん)

三金の玄関

三金の玄関

日中の昼間も営業をしているみたいです。その時間帯でしたら、昼飯を食べにきたサラリーマンも多くて入りやすいのではないでしょうか?飲み屋に一人で入るとか、超入り辛いよね!?と思ったのですが、頑張って入ってきました。そうしたら、お店の中が意外と広かったです。

まずはメニュー

三金のメニュー1

三金のメニュー1

三金のメニュー2

三金のメニュー2

三金のメニュー3

三金のメニュー3

三金のメニュー4

三金のメニュー4

三金のメニュー5

三金のメニュー5

三金のメニュー6

三金のメニュー6

三金のメニュー7

三金のメニュー7

こんな感じでした。年季の入ったメニューでしたね。確かな実績をしっかりと感じさせて頂きました。焼きトンが見当たらないなー。と思っていたら、カシラですよ。と店員さんに言われてしまい、あ!となりました。東松山市民として、とんだ失態を披露してしまいました。あまり飲み屋とか行かないから出て来なかったです。

注文をした料理はこちら

三金で注目した熱燗と焼鳥3本

三金で注目した熱燗と焼鳥3本

店内の写真は、微妙にお客さんが他にもいたのと、何だか若干重めの話をしている雰囲気だったので、はしゃぐのを止めておきました。

くいっと熱燗を飲みながら焼鳥を食べて、食べ終わったら、サッサと帰る。と言う、客の鏡を実践してきました。焼鳥についてですが、美味しいね。カシラ・皮・ねぎまに、熱燗の小で950円でした。1000円以下で楽しみたい人は、参照して見て下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。