四方吉うどんに行ってみた(吉見本店の方)

四方吉うどんの玄関

四方吉うどんの玄関

四方吉うどんですが、読み方は(よもきち)になります。大繁盛をしているお店ですね。特長は量が多い。と言う点だと思いますが、ごめんなさい。小学生の頃からソフト麺で食育された私には、腰あるタイプの麺は苦手で、うーん。となりました。ただ、とり天ぷらは文句無しで旨かったです。

四方吉うどんはこんな感じ

四方吉うどんの看板

四方吉うどんの看板

この辺りでは名物的なお店になっていますね。ランチタイムだったのもありますが、店内はびっしりとなってい順番待ちになりました。凄いね。数少ない景気の良いお店ですね。

店内の様子については、お客さんがびっしりとなっていたので、修正をするのも面倒だしー。と言う事で天井を撮影しておきました。

四方吉うどんの店内の屋根

四方吉うどんの店内の屋根

広々としているのは伝わるかと思います。

四方吉うどんのメニュー

四方吉うどんの玄関先のメニュー

四方吉うどんの玄関先のメニュー

こちらは玄関先のメニューになるのですが、立派なサイトがありますので、そちらで見て頂いても同じですかね。取りあえずメニュー表は以下です。

四方吉うどんのメニュー1

四方吉うどんのメニュー1

四方吉うどんのメニュー2

四方吉うどんのメニュー2

四方吉うどんのメニュー3

四方吉うどんのメニュー3

四方吉うどんのメニュー4

四方吉うどんのメニュー4

隣接をしている果物直売所みたいな場所で買い物をすると、肉汁系については100円引きになります。そちらでチケットを貰っていたので、ついでに肉汁つけ麺にしておきました。卵付きの方ですね。

肉汁つけ麺と、とり天はこんな感じ

四方吉うどん、肉汁つけ麺(中)

四方吉うどん、肉汁つけ麺(中)

四方吉うどん、肉汁

四方吉うどん、肉汁

四方吉うどん、とり天とゴボウ

四方吉うどん、とり天とゴボウ

歯ごたえのある麺です。山田うどん育ちの私には硬過ぎますね。顎が疲れました。同年代諸君、学校の給食で出ていたソフト麺。あれは山田うどんが作っていたんだよ。美味いか?と言われたら決して美味くないんだけどね。あれに慣れてしまいましたからね。麺はブチブチと簡単に切れる方が好き。

でも、別に埼玉県の味ではないですね。埼玉県の味は他のページでも書いていますが、冷や汁な。これは揺るがないよ。東京の影響を進んで受けいれて、心は東京の埼玉県南部の人は、冷や汁を知らない率が飛躍的に上がると思いますが、全国的ではない料理ですね。近日マザーに冷や汁を作らせる予定です。散々書いているのですが、吾輩は作り方を知らない。でも、味噌にゴマとキュウリをいれて、後は冷麦を茹でてお終いで合ってると思います。

汁についてはお代わり可能となっていますので、お気軽にどうぞ。量が多いお店になりますので、子供の場合には小で充分だと思いますよ。本当に幼稚園とかであれば小二つで子供が残した分を親が食べれば良いと思います。

で、とり天は美味いです。ゴボウも美味しいとは思いますが、あくまでもゴボウになりますので、身銭を切って食べたいとは思いませんかね。女性は便秘な方が多いみたいで、大変ですね。と言う感じです。別に便秘ではないおっさんとしては、ゴボウなんていらねーよ。と言う位の感想です。

隣接している果物直売所

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所1

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所1

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所2

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所2

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所3

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所3

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所4

四方吉うどんに隣接している直売所らしき場所4

なんか、こうパチンコ店と換金場所みたいな感じで同じ敷地内にあるのが、こちらのお店なのですが、元々はこちらでお店をやっていたんでしょうね。儲かってきたから、店舗拡大をして、こちらは余ったので、果物直売所に貸し出し中ですかね?

取りあえず、イチゴを買いましたが、美味しかったです。で、上述をしていますが、100円引きのチケットを貰えますが、ただし肉汁系のみとなります。

驚いたのが公式サイトですね。それなりに力をちゃんと入れていて、凄いな。と思ったのですが、スマホ対応もしていました。普通、こんな吉見と東松山にしかないお店なんて、まずサイト自体がそもそもないよ。と言う店が大半だと思いますが、うっかりとあっても、スマホ対応なんてしねーよ。面倒くせーな。位の所なのですが、ちゃんとスマホ対応もしていました。凄いね。でも、多分二度と行かないと思います。一度行ってみて良かったです。

名代 四方吉うどんの公式サイト

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。