六本木ヒルズ 〜TBTYとボクと、時々、O谷さん〜

ブランド人になれ

ブランド人になれ

内容紹介
個人の時代が到来し、もはや大企業の看板では生き残ることができなくなった。これからは会社の名前より自分の名前が強い人が勝つ時代。
いかに自分の名前をブランド化するか、日本一のスーパーサラリーマンが徹底的に伝授する。

目次
はじめに 真面目に働くのをやめましょう

第1章 仕事とは何か
・辛い仕事ほど給料が安く、楽しい仕事ほど給料が高い
・誰にでも出来る仕事をするな
・生産性ってしってますか?
・さらば昔のサラリーマン
・これからは「最強サラリーマン」の時代
・くだらないことをやめる
・カネではなく価値を稼ぐために働く
・個人の名前で仕事をもらえ
・選ぶべき会社、選ぶべき仕事
・働いたら負けだと思っている

第2章 マーケットにさらされろ
・市場を意識しろ
・株、仮想通貨、なんでもまずやってみろ
・リア充たれ
・今からこの水を売って来い
・あなたはいくら給料が欲しいのか
・就職面接では何を語るべきか
・市場を観察する。きめ細かく。
・一所懸命ではなく自分はどこで輝くのか見極めろ
・そのサービス、その商品は何のためにあるか
・商売の基本は相手を想像しきること

第3章 発信者たれ
・フォロワー1000人いかないやつは終わっている
・全発信者時代の意味
・フォロワー数があなたの価値だ
・誰もやっていないことを探せているか?
・評価経済の勝ち組と負け組み
・会社人が個人で発言する意味
・会社に怒られてもへっちゃらだ
・炎上しない奴は燃えないゴミだ

第4章 伝説的なプロジェクトを作れ
・倒産寸前の会社、二部リーグの組織へ行け
・会社にどれだけ大損をさせられるかがあなたの価値だ
・サラリーマンほどリスクを背負える立場はない
・会社の名前ではなくプロジェクトの名前で自らを語れ
・君は目の前のプロジェクトにワクワクしているか?
・LINEから●●にうつった理由
内容(「BOOK」データベースより)
君もプロ野球選手より稼ぐプロサラリーマンになってみないか?リクルート、ライブドア、LINE、ZOZO。最先端企業に引き抜かれ続ける男が明かす、己の名を上げる仕事術。

作品内容については、特に…

普段は書籍の感想文については、姉妹サイトに入れています。この文章を書いている、いまいまの時点では構成も何も考えていないのですが、取り合えず、私的な感想の方が多くなりそうなので、試しにこちらに入れてみました。

書籍の感想を最初に書いてしまうと、特に何も言う事はないですかね。文字も大きいので、渡辺謙さんが、文字が小さ過ぎて読めない!と言う事はないのではないでしょうか?30分位で読み終わると思います。

ただ、これはちょっと他の方と違う点になるのかな?と思いますが、プロフィールのページ内でも書いておりますが、僕自身は学生時代にライブドアにバイトで在籍をしていた時期がありまして、確か記憶の限りでは、田端さんがライブドアに入りたてで、初めてのライブドアでのアルバイト採用をしていたみたいで、そこを通過して、下っ端として田端さんの隣で仕事をしていましたかね?席は結構変わりましたので、常に隣ではないですし、僕もね。隣に上司がいるのは嫌なので、一個開けたりとかしていた記憶がありますが、そうした経緯がありますので、サラリーマンなんて最悪首になる位だよ。とか、本書でも書かれている事を、リアルに聞いていますので、読んでいて懐かしい気持ちになった位でした。

ついでなので、当時を思い出して書いてみます

ライブドア時代の事で覚えている事を書いてみようかな?と思いますが、そこまでクリアには覚えていませんが、田端さんってすげーな。と思った事を一つ書いておきます。

本書の中でもライブドア事件が起きて、チャンスだ!と言う事が書かれていますが、今でも覚えているのですが、僕はニュースチームの下っ端で夜担当だったんですね。そろそろ会社に行くか?と思って、何となしに自宅でテレビをみていたら、NHKでこれからライブドアに強制捜査。と言う見出しと見覚えのあるヒルズが出まして、あれ?これ、俺行って大丈夫なの?と思って、会社に電話をしまして、どうしたら良いのか?を聞いたら、社内は誰も。と言うかほとんどの人が知らなかったみたいで、実は大々的にライブドア社内で『ライブドア、強制捜査だってよ』と言う感じで『霧島、部活止めるってよ』位のノリを伝えたのは、僕だったんですね。(多分だけどね。)

で、田端さんから少しして電話が掛かってきまして、本日は自宅で作業をしてください。と言う事になりました。

結果的には行っても問題なかったみたいなので、今もしもタイムスリップしたら、ルンルン気分で急いで会社に行っていましたね。

で、ライブドアのポータルサイトのニュースに『ライブドア強制捜査中!』と言う、最高の見出しが踊ったのですが、あれは田端さんが見出しを書いてアップしたのだと思いますが、おー!良いね!と思いましたね。ヤフーだったり、楽天もインフォシークと言うポータルを持っていると思いますが、仮に同じ状況になったら、同じ事が出来るか?と言われたら、絶対にやらないと思います。僕としては、その初めてライブドア・スピリッツをみましたね。

その後、堀江当時の社長が逮捕となったのですが、タイミングが悪かったみたいで、僕が会社に到着をしたのは、逮捕されてから数分後位のホヤホヤのタイミングだったみたいで、挨拶をしても誰もまともに返事をしてくれなくて、どうしたんですか?と聞いたら、テレビ見てみ。と言われて見たら、僕はバイトでしたけど、社長が逮捕されて移送をされているのをリアルタイムで追跡をしている映像が出てるの。面白かったよね。覚悟もしていましたし、確か週明けの月曜日だったと思いますが、金曜日にトイレとかで見たりしていて、あー、この人捕まるんだな。と思いながら、お疲れ様です。とか挨拶しましたね。向こうは僕の事なんて、記憶の片隅にもないですよ。僕も今でもあんまりですね。興味はそんなにないのですが、ダービーの予想とか、そうした事は話をしてみたいですね。

元々、役員は早く帰っていて、夜担当のシフトの僕は逮捕されまくった役員の大半は、ほとんど見た事がなかったですね。堀江さんに関しては、事件以降ですね。毎日見るようになったのは。

逆に社員は事件前は遅くまで残業をしていましたが、事件後には早く帰る社内には俺と堀江さんだけ。一直線に座っているので、お互いに時々目が合うの。堀江さんは、誰だろう?あいつ?と言う感じで、僕は僕で、あいつ捕まるんだぜ(笑)位の気持ちでした。愉快な気持ちではないのですが、そう思わないと、やっていられない位にバッシングが凄かったですもんね。

話を戻しまして、田端さんですが、堀江さんが逮捕をされて移送をされている映像を僕も見て、あー。。と言っている間に席に戻ってきたみたいで、僕に対して、

田端さん:『おお!コジマ君!見た!!(すげー笑顔ででかい声)』
俺氏:『え?あー、はい、見ました。捕まりましたね、、』
田端さん:『はっはっは!まー、そう言う事だけで、よろしく頼むよ!』
俺氏:『え?あー、はい、、ww(何でこの人、この社内の空気の中で、こんなに笑っているんだろ。すげーーな。。)』

上記の瞬間が、僕がリアルに対面で色々とやり取りをしている中で、一番、この人はすげーな。と思ったシーンですね。

堂々チンポ宣言でメールきた

やっていた事は、配信されてくる記事をチェックして、その見出しをポータルのトップに掲載をしたり、下層ページに掲載をしたりする作業だったのですが、一応は掲載出来る単語のコードみたいのがありました。当たり前と言えば当たり前だと思いますが、チンコってダメなんですよね。チンポもダメだったと思うのですが、地方の奇祭でそうしたお祭があるみたいで、記事の中身も普通に伏せ字とか無しで書かれていたんですね。

で、これを紹介するのに、伏せ字にしたり遠回りにするのは返って変だと。と思ったので、確かですけど、『堂々宣言!”チンポ祭”』もみたいな文言の見出しを書いたんですよね。なんか、無駄なパッションがあったんでしょうね。凄くテンションが上がったのを薄っすらと覚えています。

で、見たユーザーからメールが届くシステムになっていたのですが、滅多に来るものではないのですが、その時は何かメールが来まして。感動した!みたいなメールの内容で、何ででしょうね。内容がチンポってだけなのに、ありがとう!みたいな気持ちになったのを覚えています。

その後の話

当時は良く分からない感覚でしたが、当時のライブドアって結構注目をされていたみたいで、結局僕も辞めたのですが、ニュースと言うのはやはり目につきやすい箇所だったみたいで、辞めて数年して、まだ皆の記憶にそれなりに残っていた当時は、ライブドアにいて、ニュースの見出しを書いたりしていたんですよね。と言う話をすると、あーーー!ライブドアはニュースとグルメだけは良かった!とか、ついでに言えば、マップも良かったよ。他は何とも思わなかったけど。とか、言われた事もあったりしました。

補足を言うと、例えば今のぐるなびとか、まー、操作が入っているじゃないですか?ライブドアにも、ライブドアぐるめ。と言うのがありまして、操作一切無しで、平気でボロクソに書かれている店もあったりして、本当に役立つ情報だったみたいで、お店を探している人には、好評だったみたいです。

マップに関してはタクシー運転手から好評でしたね。ヤフーマップとかは重くて使い物にならないけど、ライブドアマップは表示速度が早くていいよ!とか、そんな感じですね。多分、それはアクセスがないから、サーバーがサクサク動いていたんでしょうね。と思ったけど、口には出しませんでした。

お世辞も多分にあったと思いますが、ニュースに関しては夜が面白い。と言っている知り合いがいたよ。とか、夜は見ていた。とか言われた事があった事ですかね。夜は下ネタの見出しを増やさせてくれ。と直訴をして3本まで。と言うルールを作られたのですが、4本でお願いします!とか謎の食い下がりをした記憶もあります。

夜担当だと、周りに誰もいないから、暇と言うか、誰かと会話をして気を紛らわせるのも難しくて、自分が自分で楽しむ為に色々とやっていた、記憶がありますね。後、何だろう?と考えてみたのですが、思いだした!二つ思い出しました。

平成解禁だ!と言う名フレーズを生み出した極楽とんぼの山本さんが逮捕でしたっけ?何かあったじゃないですか?あれで住んでいるマンションを割り出して、記事内に『極楽山本が住んでいると思われるマンションはこちら!』みたいなリンクを掲載したりしましたね。あれは頑張ったよ。片っ端から記事を見て、階数が書いてあるマンションで確か中央区でしたかね。別の記事にはワインセラーが部屋にある。と言う単語を見つけて、階数とワインセラーのあるマンションを炙り出したんですよね。

爪痕っぽい感じを残せたのー!

それと、もう一つありました。こちらは爪痕っぽく残せたのですが、当時、livedoor?何だ?この会社(Amazon)と言う本が発売をされたのですが、見開きを開けると、まずは登場をしてくる写真が以下です。

当時のライブドアの社内の風景

当時のライブドアの社内の風景

こちらに月間目標と言う感じの紙が貼られていますが、これ、僕が書道をやっている事がばれてしまい、田端さんに書いてよ。と頼まれたのですが、やっている立場で言えば、とてもとても、となりますので、先生に代わりにお願いをして、書いて貰ったのを貼り付けていたんですよね。

無料で先生に書いて貰ったので、お礼に書籍を購入して、先生に書いて貰ったのをちゃんと貼り付けているんですよ。と言って渡したら当時は喜んで頂けましたね。

田端さんのファンは多いと思いますが、僕自身は上記の理由から、田端さんの講演会で1500円です!とか言われても、え?田端さんの話って、焼肉を奢って貰いながら聞くものじゃないの?何で俺が払うの?

時々だけど、よいしょして。と言う感じで、頃合いを見て、ご馳走でした。と頭を下げるものです。

一番上の書籍の画像も見て頂ければ分かりますが、テカリ具合で察して貰えると思いますが、中島らもメインで、何か他にないかな?と図書館をブラブラしていたら、あれ!田端さんの本だ。と言う事で、無料で借りた形になります。

現在はヒール役の炎上芸人となっている田端さんですが、炎上芸人になるのだって、簡単ではないですからね。

Amazonの評価を見たら、圧倒的に支持をしている人よりもアンチが多い。と言うか多すぎるのではないか?バランスが完全に崩れているなー。と思えるのですが、僕はTwitterで別段田端さんをフォローしていないので、炎上芸人として何か人に不快を与えたかもしれません。

しかし、今回の記事を書いたせいも大きいと思いますが、僕の中では、今でも田端さんは、堀江社長逮捕を受けて、シーンとしている社内で破顔一笑で『コジマ君!見た!』と言う時の田端さんの顔を思い出して、クスっと僕を笑顔にさせてくれる田端さんです。

他にもいくつか捻り出せばあるにはあるのですが、これ以上書いて、万が一にもばれてしまった場合には、僕は僕で、土日の在宅作業の時に自宅で仕事の合間にセックスをしていた事や、O谷さんに言ったら、ばらしやがって、保険の姉ちゃんとセックスをしていた事や、多分他にもばらさせれているので、この辺にしておきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。