プロブロガーのnoteを購入してみました


始めてnoteで有料商品を購入してみました。今回はそんな話です。アフィリエイトに興味がある人であれば、興味があるジャンルになると思います。細かい事は当然書かないですし、自分の事も詳細な事を書くつもりはないので、シンプルに「プロブロガーが、確定20万円のアフィリエイトサイトを半年で作った全記録。【サイト公開】【収益公開】【約14000字】」を読んだ感想だと思ってもらえれば。

一応、ざっくりと紹介

一応、ざっくりですが、ルンペンプロレタリアートである私もアフィリエイトをやっています。最高月額は150万円位ですかね。長くは持たなかったですよ。数か月程度で収束をしてしまい、バブル終了となりました。

アフィリエイト歴自体は10年いかない位です。アフィリエイトをしている人の高齢化が著しいと言う話を聞きますが、そうだと思います。身をもって証明ですね。トータルで区切りの良いラインで月額100万を超えた月数はトータルで1年位あるかないか?ですかね。細かい数字を残していたファイルをうっかりと削除をしてしまって、もう不明です。

足掛けの月数であって、残りは超えていないと考えて貰って、今の月間は細かい数字はあれですが、区切りの良い10万円単位で言えば30を切る事はないですかね。今から一年間のラインで言っても、その水準は切った事はないです。確実に毎月40超えるレベルではないです。ただ、ここ数か月は少しずつ底上げされていますし、欲しい物も特にないので、充分です。生活コストも、そこまで掛かっていないですからね。僕の場合には、100%がアフィリエイト代金ですね。

有料noteについて

いわゆる有料情報商材系が多いと思います。以前は担当者がついてワンツーマンで、と言う形で、いちいち名前は出さないのですが、詐欺だろ?と思える情報商材を積極的に販売をしているサイトも多数ありましたが、こちらのnoteに関しては、基本的には、勝手にやってね。と言うスタンスですね。

当然ながらピンキリの内容となっていて、個人的には、断言してやるよ。絶対詐商材だぜ。と思えるのもありますが、一応note自体は書籍と言う形態を取っているみたいで、情報商材とは違うスタンスを取っている気がします。

たぶんですが、note自体は情報商材となる商品は禁止をしていたと思います。バッサーが登場をして、アフィリエイトと言う単語を広めてくれたのですが、マイナス面でのイメージが大きかったですね。

販売者の藤沢君に興味を持って購入

元々、Twitterの方で、私が一方的に絡んでしまったのですが、ブルーハーツが好きそうだから、そう伝えた所、合っていたみたいで、気まぐれでフォローをして頂けました。僕をフォローしてくれている人の中では、相互的な形を抜くと、一番フォロワー数が多い方ですね。

で、この前、フォロワーを一部外してみました。的な事が書かれていたので、確実に外された♪と思っていたのですが、残っていました。切られなかった事に不思議。

とにかく、他愛のないやり取りを何回かさせて頂いた関係で、ブログについても見ていますし、フリー素材のモデルも勤めていますので、何回か使わせて頂いていますし、これからも使わせて頂きます。

で、そんな藤沢君のメインの売上サイトを公開となっていたので、へー、面白そうだな。と思って興味を持ち、値段を見ても安かったので始めて購入をしてみました。

読んだ感想

まーね、と言う感じです。いや、僕自身もアフィリエイトは長いので、アクセス数があろうがなかろうが、このブログだけで飯食える水準はキツくないか?と疑問に思っていたので、他にある。と言う事も納得ですし、書いている事も納得しました。

僕自身はこのサイト以外にもピーク時には300サイト位はあったと思いますが、その中の一つで、更新を停止しているサイトの中に、アフィリエイトの事を書いていたサイトもあったのですが、そこに自分でも書いたような事ですね。購入前の無料で読める範囲内でも、中級以上位であれば、特に目新しい事はないと思う。と書かれていましたが、その通りで抽象的な事で言えば、特に新しい事はなかったです。

具体的な事で言えば、へー、これが藤沢君のメインサイトなんだ!と思って、色々とイヤラシイ視点で見させて頂きました。

何年も前から、上述をしているアフィリエイトのサイトで大事なのは、面倒臭いをとことんやる事ですよ。と言う感じの事を当時書かせて頂きましたが、凄い面倒臭い事を実践してきたんですね。そこが凄いですよね。

面倒臭い事って、当たり前の話、時間が掛かるから面倒臭いとかになります。このクソブログ自体もですね、サクッと調べてみました。とか、そんな程度では基本的にはなくて、実際に行ったりやった事を書いているので、凄く面倒臭いんですよ。今は、一日辺り100人行くか行かない程度のユーザー数ですが、10年後とか、すげー事になっている予定です。進撃の巨人だって、20時間近く、ぶっ通しで読んだんだからね。良く考えたら内容を書く訳にも行かないし、どうして良いか分からなくなったのですが、書く事自体はもう慣れているから、取り合えず、新規ページ作成を押したら、勝手に指が動き始めるので、もう書く事自体は特に問題はないです。強いて言えば内容が薄い位です。

これからアフィリエイトを始めてみたい。と言う人には、良い内容だと思います。ただ、始めたばかり以上の人ですかね。私も始めるぞ!と言うタイミングを思い出してみたのですが、当時の書籍などでは、まずはドメインの取得の仕方とか、アフィリエイト広告を掲載する為の代理店の名前とか、どうした商品に強いとか、そうした事が書かれていたと思いますが、逆にそうした、これから始める人が知っておきたい前提知識みたいな事は書かれていませんでした。

勢いで始めてみたけれども、方向性を早速見失いました♪と言うテンション高い若人には向いていると思います。

藤沢君自体は、私から見たら、ブロガーと言うよりも、アフィリエイターになりますので、そうした知識も当然持っているので、もうやっている人であれば当たり前の知識を当たり前として、一部すっ飛ばしている所もありますので、やはり、すでに始めている人に向いていますね。分からない事も段階によっては出てくるかもしれませんが、しれっとTwitterとかで聞いてみると、答えてくれると思います。お会いした事はありませんが、ナイスガイなのは間違いないです。

人によって基準は変わると思いますが、自分の中ではブロガーはアドセンスのみで飯が食えるレベルで、それ以外はアフィリエイターと言う感じですかね。私はハイパーメディアクリエイターと名乗っていますが、結局の所はユーザーとサイトと言う媒体を通じて、会話をしている。と言う理論をぶちあげて、コミュニケーションデザイナーと言う薄っぺらい肩書を使いたいと言う気持ちはあります。

そう言えば、名刺を作りまして、早速使ってみたのですが、会社の人に渡したら、アフィリエイターの名刺は10人位貰いましたが、ぶっちぎりのNo.1の上質の紙を使った名刺です。と言われました。実際にアフィリエイトを始めて、それなりの金額になりますと、代理店から、会いましょう。と連絡が大概のケースであります。その時にケチってね、しょぼい紙質を使ったりしても、良い事は少ないですよ。対して金額的には変わりませんので、一番上質の紙を使うのが良いと思います。ただし、サイトが節約方法を伝授しているサイトとかであれば、ちょっと別かもしれません。

アフィリエイトだけはしんどいよ

完全にここ数か月はメンタル的にやる気がなくなっている状態で、稼いでくれているサイトの更新とか、少なくても3ヶ月以上は放置をしているのですが、毎日ならせば一万円以上は出てくれています。そのお陰で飯食っているのですが、その前はサラリーマンも経験をしています。

もちろん、人によりけりですが、私はサラリーマン時代はそれなりに前もって話を振っておいて、地均しをしたりとして、それなりに普通にサラリーマンをやれていましたので、サラリーマン生活が苦痛で仕方がない。と言う人ではなかったつもりなのですが、アフィリエイトだけで飯を食べるのはしんどいです。

FXと言う外国為替証拠金取引とかでもそうですが、儲かった人が次は何をやるべきか?と言う事なのですが、儲かったら、積極的にこうやって儲けた。と自分で宣伝をするべきなんですよね。私はプレイヤーでありたい。とか若さゆえの過ちを繰り返しまして、今は若いって若くはないけど、普通に過ちを繰り返しているのですが、もしもアフィリエイトを始めたら、こうやって儲かった!と積極的に宣伝をしていって、アフィリエイターから、指導官的な立場に変えていくのが常套手段だと思いますし、それが本来的な正攻法です。

上手くいけば出版社から声がかかり、作家と言う肩書も手に入れるチャンスがきて、さらに指導官としての立場を強化していく訳ですね。これは誰かに言っている訳ではなく、自分に言い聞かせている部分もあるのですが、一生プレイヤーとしてのアフィリエイターはキツイです。私の場合には、あくまでもハイパーメディアクリエイターですけどね。

最終的には、ミュージックシーンにおける、ロマンポルシェを目指していき、結果的には脱いでいきたいと思います。

で、気が付いたら、あんまり藤沢君のnoteの事をあんまり書いていなくて、少し驚いたのですが、これからも個人的には応援しています。

一番疑問に感じたのは、プロブロガーじゃなくて、アフィリエイターなんじゃないの?と思いましたが、単に響でチョイスをしているのかもしれません。触れない方が良かったのかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。