おっさんなら、ガンプラ作ろうぜ!

おっさんなら、ガンプラ作ろうぜ!

おっさんなら、ガンプラ作ろうぜ!

まだ怒りにもーえるー!闘志があるーならー!
と言う事でガンプラです。最高に良いぞ。おっさんならガンプラ作ろう。

初心者向けのガンプラならEXスタンダードシリーズ

1つ600円と言う非常にリーズナブルな価格帯に設定をされているのが、ガンプラの中でも比較的に新しいEXシリーズです。最後に作ったガンプラはMGシリーズのZガンダムだった記憶は残っているのですが、いかんせんブランクが20年ありますからね。試しにメッサーのHGを購入したのですが、箱を開けた瞬間に絶望感しか感じなくて、そっと箱を閉じて部屋の隅においやってから時間が経過をしましたが、一念発起。

まずはプロに相談をしよう。と言う事でホビーショップのるーくへ行きまして、そこでどんなへタレでも作る事が出来るガンプラはどれですかい?と言う事を聞いた所、こちらのEXシリーズを紹介されました。

これが自分の中で最高で完全にはまりました。

機体によってシールが多くて面倒臭いな!と思えるのもあったりするのですが、一時間あれば終わります。慣れてきてシールの数が少ないのになると30分位で終わります。ニッパー(ガンプラをパーツから切るのに必要)も要らないので、本当に箱を開けて説明書を見ながら手順に従うだけ。

最初に作ったのはニューガンダムでしたが、見事にシールで失敗。とにかくやり切る。と言うのが目標なので、気にしない!また買えば良いし!と言う事で、失敗をしたなー。と思ったのを書き直したりしているうちに、数がやばくなりました。

EXスタンダード1

EXスタンダード1

EXスタンダード2

EXスタンダード2

一番格好いいのは、ニューガンダムなのは確信をしているのですが、まだ2個目の生産が追いついていません。シール貼りも大分上手くなってきたのですが、自分自身で納得出来るレベルに、まだ到達をしていませんね。もうすでにストックはあるので、いつでも作る事は出来るのですが、まだ気持ちが追いついていないですね。

自分の中で、それなりにシール貼りで納得出来て、かっけーー!となったのはユニコーンとバンシーですね。

EXスタンダード

EXスタンダード ユニコーンガンダムとバンシー

あー!あーーあ!あーー!あああ!

ユニコーン面白かったですよね。

EXシリーズに関しての不満は、数が少ない事ですね。ザク・ギラドーガ・ジェガ・NT・Zガンダムとか、おっさんの心を掴んで離さないのが、まだ発売をされていません。おっさん、おっさんだから新世紀よりも宇宙世紀派です。ガンダム00も見たし、作ったのですが、肩のシールがエライ難しいですよ。大体、主人公の名前の刹那・F・セイエイって、響きがおぼっちゃまくんに出てきた歌詞の『金で解決ぶぁい・Yai』と似ているよね。

でも、おぼっちゃまくんも最高に面白かったですよね。勉強しろ本を読め、大物になる為に。一日一分、三日で三分。つらかとぶぁい。とか、面白過ぎるよね。

EXスタンダード ガンダム

EXスタンダード ガンダム

勿論、ガンダムも格好いいですよ。いくつかガンプラのシリーズについては、後で最後にまとめて書きます。上の画像のガンダムは浮いていますが、別売りのを購入して浮いているようにしています。

BB戦士はちょっと不満が残る

BB戦士のHifiガンダムとクスイーガンダム

BB戦士のHifiガンダムとクスイーガンダム

BB戦士ですが、結構ガッチリとしています。その分、関節周りが固めとなっていて、あまりポーズを取る事が出来ないですね。

作るのに係る時間は一時間が目安です。部品数としてはEXスタンダードよりも多めとなります。浮かせるのが今の所、どちらも付いていたのですが、価格としては1000円を超える位の金額になります。もうちょっと作ってみようかな。と考えていますが、何となく自分の中ではイマイチ。

HGシリーズは二時間が目安

物によっては二時間掛かりますが、早ければ一時間半ぐらいで終わるのもあるのがHGシリーズになります。これまでに紹介をしている、EXスタンダードとBB戦士はデフォルメをされているのですが、HGシリーズはリアルを小さくしたシリーズ作品となります。お値段は機種による。と言う感じで1000円位から。高いのだと4000円位するのもありますが、全体的には1500円前後ですね。

HGシリーズ1

HGシリーズ1

HGシリーズ2

HGシリーズ2

最近EXシリーズを卒業しつつあり、HGシリーズの制作を始めたので、まだ数は少ないです。でも、やっぱり格好いいですよね。

HGシリーズ シャア専用ズゴック

HGシリーズ シャア専用ズゴック

800円位で、HGシリーズの中では安いし簡単。でも、動きを出せるので、初心者向けとなっているのがズゴック!格好いいよ!

HGシリーズ ジム寒冷地仕様

HGシリーズ ジム寒冷地仕様

頭に付けるアンテナをニッパーで切り過ぎてしまい、アンテナ無しになってしまったジム寒冷地仕様。ちょっと無念さが残りましたが、思っていたよりも格好良かったです。銃もあるのですが、ビームサーベルが手にくっついているのがあったので、そっちを付けています。

HGシリーズ ザク2FZ

HGシリーズ ザク2FZ

最高に格好いいよ!上のジム寒冷地仕様と合わせて、こっちのザク2FZについても、もう1個購入を予定しています。

HGシリーズは、ガンプラの中でも一番売れているシリーズ作品になりますかね?なので、種類も豊富になります。

一応の補足をするとHGシリーズが144分の1サイズで、同じサイズにRGシリーズがあります。こちらは関節周りがより動きやすいシリーズとなっているのですが、シールを貼るだけでも1時間ぐらい係る。と言われていて、ちょっとまだ出来る雰囲気が自分にないので、スルーをしています。

大きいサイズになるとMGシリーズがあり、こちらは100分の1サイズになります。MGよりもパーツ数が多くなり、動きも出せるようになりますが、金額的に時間的にも係るのが増えます。初心者やリハビリで始める人を想定しているのと、私もやっていないので割愛。

さらに上のPGシリーズになると、お値段も軽いアートレベルになりまして、大きさもさらに増えます。死ぬまでには1個位はと思いますが、予定はないです。

初心者向けのガンプラのまとめ

まず、どのシリーズを作るにせよ、ピンセットか毛抜きがあった方が良いです。シールの貼り付けで、相当小さな所に貼り付け時に指先だけでやるのは至難の業ですね。

長期リハビリ明けの方や、そもそもやった事がない人にはEXスタンダードシリーズがお勧めです。サザビー・シナンジュ辺りでしたら、シールの数も少ないです。ニッパーも要らないですし、時間的にも短く済むので、飯にはまだ早いな。と言うタイミングに最適です。

BB戦士は好みはあると思いますが、個人的には動き辛いのでイマイチ。

EXシリーズに慣れた方にはCS(クロスシルエット)と言うシリーズもあるのですが、別売りの型を購入すれば大きく出来る。とか、消費者に選択をさせようとしている点が気に要らないので、まだ購入をしていないです。近いうちに試しに購入予定ですが、うーん。となっています。

HGシリーズの場合には、一時間では終わらないので、ちょっと時間を作る必要がありますが、その分の達成感があります。

ガンプラを作るきっかけは人それぞれで良いのかな?と思いますが、個人的には無になれるのが良いと思って取り組んでいます。なので、完成度とか、あまり気にしていないです。説明書に書いてある通りにすれば良い。と言う頭をほぼ使う必要がなく、あれこれ考える必要が一切ないです。

HGシリーズなんて二時間ぐらい掛かったりしますが、各パーツが出来ても、何も嬉しくもないですね。最後に各パーツを繋げて完成をした時に、ようやく3分ぐらいテンションが上がりますが、飾って、おしまい。それで良いと思っています。無心になる時間って必要じゃん?

ちなみに、もう少ししたら、HGシリーズよりも簡単だけれども、リアルタイプとなるEG(エントリーグレード)シリーズが販売開始をされます。台場のガンダムショップでは普通に販売をされていて、少し前にコンビニの一番クジでもあったのと同じみたいですが、まだ全国販売をされていないので、購入していませんが、絶対に購入をすると思います。

取りあえず手元にあるガンダム・シャア専用ザク・Zガンダムとか、マーク2とか10個以上残っているので、頑張らない程度に頑張ります。以下、アマゾンとDMMへのエントリーグレードのリンクです。

楽天は送料が掛かり過ぎるので論外。駿河屋は発送が遅過ぎるので論外。アマゾンとDMM.com、特にDMM.comはお勧めですね。注文から到着まで3日程度掛かりますが、それなりに購入をすれば送料無料になります。アマゾンは何となく、もう使っていないです。

品切れも多いのですが、DMMの方が補充が早いですし、値段も安い。発送が翌日以降なのですが、そこまで急いでいなければ結構使える通販サイトになってきていますね。

別売りのアクションベースでガンプラの楽しみ広がる

500円位で購入出来る、アクションベースと言う、ガンプラを浮かせて固定をさせているのがあるのですが、それを購入して使うと、幾らでも、どうとでもなるようになります。

アクションベースを使って、アムロとシャアが撃ち合うシーンを作ってみた

アクションベースを使って、アムロとシャアが撃ち合うシーンを作ってみた

アクションベースを使って、アムロとシャアが撃ち合うシーンを作ってみた2

アクションベースを使って、アムロとシャアが撃ち合うシーンを作ってみた2

凄くやっつけでやったのですが、こんな感じになりました。テンション上がりましたね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。