仮染街@こうのす(2018年)レポート

『仮染街@こうのす』のチラシ

『仮染街@こうのす』のチラシ

『仮染街@こうのす』に行ってみました。話前後しますが、この日は鴻巣のお祭り、『おおとりまつり』も開催をされていて非常に賑やかでしたね。

重大な事に気が付いた

ほら、私って、超絶的なナイスガイなのは間違いはないのですが、良く考えてみたら、そこそこの人見知りだし、年齢的にも良い年齢なんですよ。現場到着後、すぐにコスプレをしているお姉さん達と遭遇をしたのですが、『写真撮って良いですか?』この一言って、結構きついんですよね。

どうみてもお姉さん達の年齢が下なので、下手に声をかけたら、事案として処理をされる可能性もある訳ですし、向こうも写真撮影をしてもらいたいです!みたいな気持ちかもしれませんが、『2 ※』の可能性も高い訳です。

『2 ※』は、あれですよ。ただしイケメンに限る。と言う意味です。勿論、私はイケメンな訳ですが、若い子から見て、イケメンか?と言われたら自信はない訳です。オーバー30で始めて勝負の土台に上らせて頂きたい。と言う気持ちな訳です。

と言う事で、時折、コスプレをしているお姉さん達は見掛けるのですが、大体2人組なので、声を掛ける勇気が湧かず、ぼんやりと、『おおとりまつり』を楽しんでいました。

そもそも写真撮影をしても良いですか?までは行けても、それをサイトに掲載をするかどうか?と言うのは、また別問題な訳ですからね。色々と考えてみると、写真撮影の許可は得ても、こんな鼻くそみたいなアクセスの紹介をして、こちらにも掲載をしたいんですけど。と言うのは、自分で言うのも辛い訳です。

そこで理想は顔が見えないコスプレで、単独行動をしている、コスプレレイヤー!と言う事に自分の中で決定したのですが、そんな都合が良い人、いる?と思ってグルグルと回っていたら、はい!いました。

一応、こうした人に狙いを定めた理由ですが、サイト掲載については、一言も伝えていません。万が一当人の知り合いが見つけて、これお前じゃね?と言われしまった場合。本人はコスプレを楽しんでいる事を周囲に言っていなかったら、悪いなー。となってしまうのですが、顔を隠していたら、その心配もなかろう。と言う判断です。一言を追加すれば、それで解決なのですが、なんつーか、色々と面倒なので、そうしました。

撮影させてくれたナイスなレイヤーさん(男性)

『仮染街@こうのす』で撮影をさせて貰ったアルフォンス・エルリック

『仮染街@こうのす』で撮影をさせて貰ったアルフォンス・エルリック

勇気を出して、声をかけさせて頂いた一人目はこちらです!作品自体を読んだ事は生憎ないのですが、そんな俺でも知っている、これは鋼の錬金術師に出てくるキャラクターや!名前については自宅で調べましたが、『アルフォンス・エルリック』です。

顔とかは見ての通り分からないのですが、これ、男だろ?と思って声をかけさせて頂きました。そうしたら、声の判断からして、同年代程度から上のオッサンが中身だと思います。すげー、安心しましたね。コスプレをしている方が若い女性ばかりで、精神的に勝手にしんどくなっていました。

ドラゴンボールの孫悟空とか、すげー探したのに、いねーの。百歩譲って亀仙人かサイヤ人はいるだろう。と思っていたのですが、こちらもいなかったです。いたかもしれませんが、捜索範囲にはいませんでした。

50過ぎの禿ているおっさんとか、何やってるんだよ?武田信玄とかやっれくれよ。と思ったのですが、いないものはしょうがないですうよね。

それよりも、後ろの仮面付けているのが気になりますか?大丈夫、条件に合致していたので、ちゃんと撮影をしてきました。

撮影させてくれたナイスなレイヤーさん(女性)

『仮染街@こうのす』で撮影をさせて貰った元ネタ不明

『仮染街@こうのす』で撮影をさせて貰った元ネタ不明

気持ちが良い位に元ネタが分からないです。推測するに、ジャンプSQ辺りかな?とは思うんですけどね。。ジャンプSQは購入をしているのですが、2年分近く読んでいなくて、部屋に山積みされています。いつか、全部まとめて読みたいのですが、難しい状況なので、判断が迫られています。

誰か、この元ネタが分かる人がいましたら、教えて下さい。

本人に『元ネタは何ですか?』と質問をさせて頂いたのですが、しゃべれないの。と言うアピールをされて、なるほどねー。と言う事で判明しませんでした。

『仮染街@こうのす』は年に二回開催

今回、私がこうしたイベントがある事を知ったのは、頼りになる、あなたの味方。熊谷経済新聞さんの記事からでした。

鴻巣で「まち歩き型コスプレイベント」開催へ 500人超のコスプレイヤー集まる

女性陣がしているコスプレは、おっさんには分からないです。何か制服を着用しているお姉さん達が多かったのですが、あれ?何の作品なんですかね?前髪が額にシャキーン!と尖っているせいか、声の掛け辛さが8割増し位になりますね。その後にエルミ鴻巣で飯でも食べようか?とフードコートに行ったら、沢山いました。

すんげー、巨乳のお姉さんがいて、おっさんである私はガン見をした事を告白しておきます。

上の記事のリンク先からの引用になりますが、

 実行委員長の菅又春香さんは「市の免許センターを訪れる人は一日2000人を超え、多くの若者が駅を利用する。『鴻巣は免許センターしかない、何もない』と言う地元民は多いが、子どもが育って大人になった時、地元に何もないのは嫌だ、誰かが何かしてくれるのを待ってはいられない、自分でやろうと思いイベントを企画した」と話す。

凄いですよね。私から見たら斜め上の発想で、中々出てこないです。何かやろう!でコスプレイヤーを呼ぶ。とか、中々出てこないですよ。

案として出てきたら、面白いな!と思うのですが、自分からは出せない案ですね。

仮染街@こうのす~第四章~ supported by COSSAN

イベントの公式サイトではないかもしれませんが、上記のサイトが詳しいです。そしてですね。私、気が付きました。写真撮影をする側も金払うのね。帰りにコスプレをしている訳でも何でもない人が何でシールを貼っているんだろう?と思っていたのですが、撮影する側も金を払うの?

運営側の人。ごめん!

シールを貼っておけば、お!撮りたい人かな?とか、コスプレをしている側の方と相互理解をしやすいのかな?と思いますので、何かしらシールを貰う以上は金銭が発生をするかもしれませんが、1500円はどう考えても高いだろうよ。コスプレをする側も1500円とか、更衣室を借りるだけで、そんなにする?と思うので、お値段の方を下げて下さい。

一応の良い訳をしておくと、事前に鴻巣に住んでいる知人に、撮影をする側は金を払う必要があるの?と聞いたら、いや、いらないですよ。と聞いていました。調べたら、いるんかい!?みたいな感じですが、過ぎた事はしょうがない。次回から気を付けます。

おおとまつり(2018年)も見てきた

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子1

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子1

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子2

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子2

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子3

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子3

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子4

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子4

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子5

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子5

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子6

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子6

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子7

『鴻巣 おおとりまつり 2018』の様子7

と言う事で、こちらは、やっている事すら知らない状態で行ってしまったのと、前日に川越まつりを見ているので、どうしても規模がね。こんなもんでしょう。と言う感じでしたが、じゃがバターについては、こちらで購入をした方が美味しかったです。ちゃんとバターが溶けてくれました。

地元のお祭りって、地元の人には超大切だよね。規模は川越まつりよりは下になりますが、子供が多く楽しそうな賑わいでした。

仮染街@こうのすのTwitter


いましたね!見ました。何か見た人がTwitterにいたので、感動した。


この辺りは見掛けませんでしたね。ちっくしょう!また、来年も来てくれたら、お会いしてみたいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。