中国料理天真に行ってきた

中国料理天真の外観

中国料理天真の外観

ここにお店がある。と言う事を知ってから気にはなっていました。この手前辺りの道までは良く通るのですが、吉見方面に進んだ道には、何も用事がないので、お店の存在自体は把握をしていませんでしたね。でも、知ったからには行かないとね。この辺りは殿山と言う地域になりますが、隣の沢口も含めて、行っていないお店が複数ありますので、ボチボチと消化をしていきたいと思いますが、取りあえずは今日は中国料理天真さんです。

中国料理天真の写真

中国料理天真の外観2

中国料理天真の外観2

中国料理天真の玄関前にあるマスコット

中国料理天真の玄関前にあるマスコット

中国料理天真の玄関前にメニュー看板

中国料理天真の玄関前にメニュー看板

中国料理天真の玄関前にメニュー表

中国料理天真の玄関前にメニュー表

何か、予約みたいな文字が目立っていたので、あれ?入れないのかな?と思ったのですが、別にそんな事はありませんでした。嬉しい点としては、普通はランチメニューって、土日はやっていません。と言うお店が多いと思いますが、こちらは普通に土日もランチメニューをやってくれています。

で、メニューも写真で撮影をさせて頂きましたが、書いてある通り、メニューの期間は短めです。頻繁に足を運ぶ人には、飽きが来ないで良いんでしょうね。大体、私は初めての店で、中華料理であれば、麻婆豆腐から頼むのですが、最近は麻婆豆腐を食べ過ぎていたので、今回はあえてパスをして、回鍋肉定食を頼みました。

中国料理天真の回鍋肉定食

中国料理天真 回鍋肉定食

中国料理天真 回鍋肉定食

こんなの、絶対に美味しいに決まっているじゃないですか?ただし、私はかなりの偏食なので、こう小鉢が多くなりますと、大体残す事になる、好きではないのレベルではなく、嫌いレベルの小鉢が付いて来るのですが、今回の小鉢は全部いけました。

右手の奥の小鉢はモヤシです。左の奥のデザートは、杏仁豆腐に柚子が乗せてあります。

見た目の通り、上品な料理になりますので、表現としては旨い!ではなく、美味しいですね。お値段は税込で1000円ちょうどになります。

うーん。また行ってみたいですね。

私の気のせいだと思いますが、写真を撮っているせいか、店の人がちょっと緊張をしていた気がしたのですが、私の風貌のせいでしょうかね?人生で3人位に北斗の拳のラオウみたい。と言われた事があるのですが、何?私、死ぬ時に拳を突き上げて死ぬの?多分だけど、海原雄山と間違えたんでしょうね。それか気のせいか。

中国料理天真の公式アメブロ

中国料理天真の油淋鶏定食を食べました

中国料理天真の油淋鶏定食

中国料理天真の油淋鶏定食

追加になります。二度目で油淋鶏定食を食べました。バーミアンの油淋鶏が懐かしい今日この頃ですが、やっぱりちょっと違いますね。上品な味で美味しかったです。バーミアンの方は旨い!と言う感じで味覚的にジャンルが違う感じですかね。ブルーベリーが付いている杏仁豆腐も良かったですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。