市場の食卓 ブッチャーズハウスについに行ってみた

ブッチャーズハウスの看板

ブッチャーズハウスの看板

マーメイドステークス、エプソムカップ。ダブルでの馬連的中。ありがとうございました。と言う事で、熊谷駅前を徘徊した事がある人であれば知っている、ブッチャーズハウスについに行ってみました。

こんな時ではないと行けないお値段ですからね。

ブッチャーズハウスのメニュー

ブッチャーズハウスのメニュー

ブッチャーズハウスのメニュー

ブッチャーズハウスのメニュー2

ブッチャーズハウスのメニュー2

ブッチャーズハウスのメニュー3

ブッチャーズハウスのメニュー3

ブッチャーズハウスのメニュー4

ブッチャーズハウスのメニュー4

あれだね。当たり前だけど、肉意外は、別にそこまで高くないですし、肉についても肉として考えたら、別にそこまで高い値段でもないです。一食にかける費用としては、肉になると、ちょっと自分の中の予算オーバーをしてしまうぜよ。と言う感じでした。

このお店は牛肉。と言うのが自分の頭の中にあったのですが、豚肉とかなら、結構気軽に行ける金額な気持ちがしてきました。

ブッチャーズハウスの店内の様子

ブッチャーズハウスの店内の様子1

ブッチャーズハウスの店内の様子1

ブッチャーズハウスの店内の様子2

ブッチャーズハウスの店内の様子2

ブッチャーズハウスの店内の様子3

ブッチャーズハウスの店内の様子3

可能な限り、こうして記事に勝手にしちゃおう。と言う時には、ワンテンポ早い時間帯に入店をするようにしていまして、この日も、まだ他にお客さんがいない時間帯で、こっそりと店内の写真撮影をさせて頂きました。

注文をしたのは、結局はアンガス牛でした。焼く前にお肉を持ってきてくれて、ちょっとグラムオーバーしているけど、良いよ。みたいな感じで、いえーい。みたいな感じでした。

ブッチャーズハウスで食べたのはこれ

ブッチャーズハウス、前菜

ブッチャーズハウス、前菜

ブッチャーズハウス、ソースと山ワサビ

ブッチャーズハウス、ソースと山ワサビ

ブッチャーズハウス、アメリカの牛

ブッチャーズハウス、アメリカの牛

ブッチャーズハウス、オムライス

ブッチャーズハウス、オムライス

写真を見れば分かるかな?と思いますが、正直ワサビは苦手です。寿司の時はサビ抜きな。と言う感じで、たまに姪っ子とか兄貴夫婦が来て、実家で寿司食べる。となると、俺と姪っ子のパッケージには、サビ抜きって書かれたシールだったり旗が立ってるの。

と言う感じになりますので、なんちゅー事をしてくれるんね。と思ったのですが、このワサビ辛くないの。香りはワサビなんですが、良いのを使っているんでしょうね。ちゃんとしたワサビは辛くない。と言う話を聞いた事がありますが、その通りでした。ちなみに、冷や奴にのっかってるのが削った山ワサビです。

その後はお肉登場になるのですが、ソースと一緒に山ワサビも、ご自由にどうぞ。と言う感じで持ってきてくれます。

で、ご飯セットの変わりにオムライスを食べて、個人的には満足でしたね。お客さんが他に居ない。と言う事もありまして、色々と店長さんと話をしまして、下にもありますが、駅前の別のお店。BANYAのオーナーさんでもあるんですね。出身が寄居でボーリングする時は、小川町まで行ったよね。と言う、範囲がやや広めの地元トークをしたりしました。

この辺りの商店街もブラブラしているんですよ。と言う会話をしたら、一発目で並木さんのお店の話が出たのですが、何で一発目で出たんでしょうかね。きっと吾輩の放つ雰囲気に並木イズムが出ていたのだと、好意的に解釈をしておきたいと思います。

熊谷駅前をブラブラしている人であったり、お店をやっている人であれば、並木さんのお店を知らない人は居ないと思いますが、以下の記事です。

Namiki&sonsで本物と出会った話

やっぱり、この辺りのボスって並木さんだよね。と言う話をしたり、原口元気が大里出身だって話を聞いたりと、しらなかった話も聞けましたね。また来ます。と行ったで、また馬券が当たれば良いな。と思ったのですが、豚肉とかであれば、そこまで高い値段ではないので、また行ってましょう。でも、姉妹店があるんですよね。

姉妹店、BANYAのチラシ

姉妹店、BANYAのチラシ

駅前で通った事もありますし、入ろうかな。と思った事もあるのですが、全面に出ている良いお肉に目が行ってしまい、高い。。となって尻込みしてしまったのですが、やっぱり、それなりに気軽な金額の料理もあると思いますので、入ってみないと分からないですよね。

このBANYAの向かい位にある、キャバクラのお店の真ん中の女性、綺麗だなー。と思って、帰る。と言うのが通常のブラブラコースになります。

大事な事になりますが、通常の飲食店ではなく、ちょっと飲み屋が入ったスタイルになりますので、お通しがあります。冷や奴とスープがお通しですね。こちらが400円。牛肉を200グラム頼んで、こちらが1960円。オムライスが780円。税別になりますので、税込で3487円でした。どうだい?一食にしては良いお値段行ったろ?

並木さんの店のサイトを久しぶりに見たら、ハットの入荷をしていましたね。あそこは割とサイズがあるので、俺のもあるかも。と言う事で、また熊谷に行かないと。ブッチャーズハウスに関しては、コース料理とかが良いのかな?通常の飲み会とかで、チェーン店に行くより、少し高くなるかもしれないけれども、1000円ちょっとの上乗せで、大部料理がグレードアップすると思いますので、そうした時に使うのが一番ベストかもしれません。

ブッチャーズハウス

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。