阿左美冷蔵寶登山道店に行ってみました

阿左美冷蔵寶登山道店の看板

阿左美冷蔵寶登山道店の看板

阿左美冷蔵の支店となる、長瀞町の方に行ってみました。名前を聞いても、すぐにはピンと来ない人も多いと思いますが、有名ですよね。と言う事で有名ですし、僕がどんなに頑張っても書けないレベルの記事へのリンクを下に掲載をしておきますので、サクッと終わらせます。

阿左美冷蔵のメニュー

阿左美冷蔵寶登山道店のメニュー1

阿左美冷蔵寶登山道店のメニュー1

阿左美冷蔵寶登山道店のメニュー2

阿左美冷蔵寶登山道店のメニュー2

画像を拡大させて見て頂ければと思います。

阿左美冷蔵寶登山道店の店内の様子

阿左美冷蔵寶登山道店の店内にあった蒼井優

阿左美冷蔵寶登山道店の店内にあった蒼井優

阿左美冷蔵寶登山道店の店内にあった何か

阿左美冷蔵寶登山道店の店内にあった何か

阿左美冷蔵で氷を作っている風景

阿左美冷蔵で氷を作っている風景

蒼井優を見ても、あー。位にしか感じなかったのですが、氷を作っているパネルについては、有名なシーンですよね。こんな感じのシーンをテレビで見た事がある人は多いと思います。こちらのお店だったんですね。

これが、阿左美冷蔵のかき氷

阿左美冷蔵のかき氷

阿左美冷蔵のかき氷

阿左美冷蔵のかき氷、シロップをかけてみた

阿左美冷蔵のかき氷、シロップをかけてみた

なるほどね。と言う感じです。まず大きい。見た目が今の時代にマッチをしている感じですね。店内は男女比率で言えば8:2位で女性です。メンズで一人で来ている人がいましたが、根性あるよね。私は一人ではこれないですね。

もちろん、お店としては、お金を落としてくれる人は等しく客ですから、気にしないで来て下さい。となりますが、お洒落にすればするほど、中高年の男性は足を踏み込み辛い雰囲気にはなりますね。若い女性客とか、おっさんがいたら、何だか嫌でしょう?正直な話。確かに我が輩はイケメンではありますが、心はドブが染み付いたおっさんなので、

あれだね、自分が飲食店をやるとしたら、小汚い店構えにして、お洒落な場所を求めているヤングガイをあえて外して、甘い物を食べたい、中高年のメンズを相手にしたいですね。おっさんになると、小汚い店構えの方が間違いなく落ち着きます。

かき氷については、間違いなく美味しいです。でもね、値段がやっぱり高いですね。氷を作るコストが他のかき氷と比較をしても、高いのは間違いないと思いますが、秩父で1000円。観光で来ている人であれば、財布の紐も緩んでいると思いますが、今回は観光で来た訳ではなかったので、ちょっと厳しめのお値段かな。と思いました。

阿左美冷蔵の駐車場とか、その外の案内

阿左美冷蔵の天然氷印

阿左美冷蔵の天然氷印

こちらが店の前にありますので、目印にして下さい。

阿左美冷蔵、駐車場の案内1

阿左美冷蔵、駐車場の案内1

こちらは店の前からの案内になります。

阿左美冷蔵、駐車場の案内2

阿左美冷蔵、駐車場の案内2

駐車場にあった案内です。

阿左美冷蔵、店内にあったガチャガチャ

阿左美冷蔵、店内にあったガチャガチャ

こちらは店内にあったガチャガチャです。やってみましたが、手拭いでした。以下は阿左美冷蔵に関する記事です。

秩父・長瀞のかき氷 阿左美冷蔵に行ってきた!
都内から日帰りで楽しめる!秩父・長瀞の定番観光コースをご紹介
【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介
阿左美冷蔵に密着!長瀞の天然かき氷のおいしさの理由を知りたい!

最後のリンク先の可愛い女性が気になって仕方がないですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。