熊谷の楓林亭が美味しかった

なんか、パッとしないですね。部屋にいても、気持ちがよどんでしまうので、大好きな熊谷で目的もなく、ブラブラとしてきました。せっかくだから、行った事がない店。ストレートに言えば、BANYAに行こう。と思っていたのですが、閉まってるの。あーーー。と思いながら振替ったら、キャバクラがあって、あれ、、、行ってみようかしら。と考えたのですが、うーん。やっぱり誰かの奢りじゃないと行きたくないな。と思ったので、止めておきました。

で、ちょっとブラブラしたら、若干こえー。と思える中華料理を発見。それが楓林亭でした。

楓林亭入るにはこちらから

楓林亭に入るにはここから

楓林亭に入るにはここから

楓林亭、入口にあるメニュー

楓林亭、入口にあるメニュー

この道しかない。でも、行けば分かるさでも、どっちでも良いんですが、取り合えず、楓林亭に入る道はこちらになります。ちょっと怖いよね。この辺りで働いていて、すでに会社の同僚と入った事がある。とかのレベルなら大丈夫ですが、ソロ活動で行くには、ちょっと怖いぞ。と思ったのですが、まー、出で立ちが堅気に見えないと言われている吾輩になりますので、お疲れさーん。今月分の回収に来ましたよ。位の気持ちで行ってみました。

楓林亭の店内の様子とかメニュー

楓林亭、店の前

楓林亭、店の前

階段を上がると、こんな感じの玄関でした。隣にはスナックがありましたね。

楓林亭、本日のおすすめみたいな感じ

楓林亭、本日のおすすめみたいな感じ

楓林亭、メニュー1

楓林亭、メニュー1

楓林亭、メニュー2

楓林亭、メニュー2

楓林亭、メニュー3

楓林亭、メニュー3

黒板にオススメのメニューが書かれています。始めて入るお店なので、何がどうなっているのか、良く分かっていないのですが、写真を見たら、旨そうだよね。取り合えず、牛のほほ肉とコーラと餃子とライスを注文しました。

注文した料理はこんな感じでした

楓林亭、餃子

楓林亭、餃子

楓林亭、牛のほほ肉

楓林亭、牛のほほ肉

楓林亭、スープ

楓林亭、スープ

どれも旨かったです。早目の時間。と言う事もありまして、店内は静かで、店員のお姉さんと親父と吾輩の3人のみ。食べ終わったし、帰ろう。と言う事で、領収書を貰って、言われた金額を支払って帰りましたが、ふと思った事があります。

なんか安かった

何がどうなっていたのか、良く分かっていなかったのですが、もしかしたら何か言われていたのかも?これ、書いて大丈夫かな?

牛のほほ肉が1500円。餃子が400円。ライスが250円。コーラが多分、300円。俺の手元にある領主書が1990円。うん?で2000円払ってお釣りもきたので、領収書の金額も間違い無いのですが、どうしたんだろうね?どう計算しても2000円以下は有り得ないのですが、セットになっていたのかな?

考えられる理由は以下。

  • ダンディ過ぎる格好だったので、お姉さんがまけてくれた。
  • お姉さんがシンプルに計算間違えた。
  • 一人で2000円を超える金額なて高すぎだ!と言う事で親父が気を利かせてくれた。
  • なんかあった時は宜しくお願い致します。と言う前払い。

現実的には最初か3番目の線だと思いますが、どうなんだろうね。取り合えず、今更差額分を返しに行くつもりもないですし、この前さー。とか言うつもりもないので、黙ってまた行って飯を食えば良いや。位の気持ちです。

うーん。牛のほほ肉じゃなくて、違うのをオーダーしたのかな?と自分で撮影をしたメニューを見返したのですが、明らかに食べたの牛だったので、鶏ではなかったですからね。うーん。まー、良いや。お姉さんと親父、ありがとう!また行きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。