五稜郭(公園・奉行所・タワー)まとめて紹介

五稜郭タワーから見た五稜郭

五稜郭タワーから見た五稜郭

五稜郭と言えば、歴史が好きな人であれば、知らない人が少ない、土方歳三、最後の戦いの場所ですね。蝦夷共和国として国際的にも一部の国から国家として承認もされた場所になります。現在ではタワーもあったり、公園もあったり、公園の中に奉行所が出来たりしていて、五稜郭と一言で言っても、色々とありますが、全て同じ場所になりますので、時間を使って、ガッツリと楽しんでおくのが良いと思います。

まずは五稜郭タワーを通過して五稜郭公園へ

五稜郭タワー前にあった石碑

五稜郭タワー前にあった石碑

五稜郭タワーの前に、こうした石碑がありました。

五稜郭タワーを下からアングルで撮影

五稜郭タワーを下からアングルで撮影

取りあえずチケットを購入したのですが、公園内にある奉行所の閉館時間が近い事が分かりましたので、取りあえず公園内になる奉行所に行きました。

五稜郭公園を通過して奉行所へ

五稜郭公園の案内板

五稜郭公園の案内板

公園内は広々としています。夏祭りの演し物の練習をしている人達がいて、賑やかな様子でした。

箱館奉行所の案内板

箱館奉行所の案内板

こちらですよ。と言う案内が出ているので、道に迷う事はないと思います。

半月ホの案内板

半月ホの案内板

半月ホ

半月ホ

橋を渡った所で土塁を発見。五稜郭を上から見たら、でっぱっている所になります。

箱館奉行所の案内板

箱館奉行所の案内板

公園の入口から歩いて5分程度で奉行所に到着となります。

五稜郭公園 | 一般財団法人 函館市住宅都市施設公社
函館・五稜郭タワー | 公式ウェブサイト – Goryokaku Tower

箱館奉行所はこんな感じでした

箱館奉行所

箱館奉行所

ここかはら箱館奉行所の中の写真になります。沢山撮影をしたので、掲載をしていない箇所も多数あります。16年前に来た時には、この奉行所自体ありませんでしたので、初めての奉行所でした。中にはガイドさんが三人程いて、この広場はこうした事で使われていた。とか、色々と説明をしてくれます。

箱館奉行所、館内の様子1

箱館奉行所、館内の様子1

箱館奉行所、館内の様子2

箱館奉行所、館内の様子2

箱館奉行所、館内の様子3

箱館奉行所、館内の様子3

箱館奉行所、館内の様子4

箱館奉行所、館内の様子4

箱館奉行所、館内の様子5

箱館奉行所、館内の様子5

箱館奉行所、館内の様子6

箱館奉行所、館内の様子6

箱館奉行所、館内の様子7

箱館奉行所、館内の様子7

箱館奉行所、館内の様子8

箱館奉行所、館内の様子8

箱館奉行所、館内の様子9

箱館奉行所、館内の様子9

箱館奉行所、館内の様子10

箱館奉行所、館内の様子10

箱館奉行所、館内の様子11

箱館奉行所、館内の様子11

箱館奉行所、館内の様子12

箱館奉行所、館内の様子12

箱館奉行所、館内の様子13

箱館奉行所、館内の様子13

箱館奉行所、館内の様子14

箱館奉行所、館内の様子14

箱館奉行所、館内の様子6

箱館奉行所、館内の様子15

箱館奉行所、館内の様子7

箱館奉行所、館内の様子16

箱館奉行所、館内の様子8

箱館奉行所、館内の様子17

駒を置くと、その人の説明がモニターで表示をされる。と言う新しい感じの部品があったり、色々と金が掛かっていそうな施設となっていました。目安としては1時間あれば充分に見れる規模でしたね。大人一人で500円の料金が掛かります。

箱館奉行所自体は本当は、この3倍ぐらいの大きさだったみたいですが、現存をしている写真の範囲内の復元をしたみたいです。

箱館奉行所、出た所にある井戸

箱館奉行所、出た所にある井戸

箱館奉行所、下からアングル

箱館奉行所、下からアングル

と言う事で、意外と広くて見る物が多かったですね。箱館の歴史から始まっているので、時代的にはそこまで広くはないのですが、狭くもないです。

五稜郭タワー内

奉行所の後にタワーに上りました。こちらは大人一人1000円となります。タワーって大体結構良いお値段ですよね。でも、函館に来たら、やはり上っておかないといけない場所になると思います。

世界の星形の城

世界の星形の城

五稜郭の中にあるミニチュア模型

五稜郭の中にあるミニチュア模型

五稜郭タワーから見た五稜郭

五稜郭タワーから見た五稜郭

五稜郭タワーにある五稜郭の模型

五稜郭タワーにある五稜郭の模型

五稜郭タワーにある土方歳三

五稜郭タワーにある土方歳三

五稜郭タワーにあった模型の説明

五稜郭タワーにあった模型の説明

座礁した船を見ている土方歳三の後ろ姿が悲壮感漂っていてグッド

座礁した船を見ている土方歳三の後ろ姿が悲壮感漂っていてグッド

タワー恒例の下が見える窓

タワー恒例の下が見える窓

五稜郭タワー自体は通算で5回目位だと思います。景色自体はそこまで変わった印象はなく、やっぱり五稜郭って綺麗だよね。とても守りには向いていると思わないし、実際に防御力については貧弱だったみたいで、お飾りで戦争をしない事を前提にしていない作りになっているみたいですが、タワーから見ると、やっぱり凄いと思えます。

季節によって、また違った景色を見せてくれているのも、この五稜郭の魅力ですね。エレベーターを降りると、お店とかも豊富になっていて、この辺りは新しくなっている印象でしたね。同じように、結構前に行った。と言う人であれば、あれ?変わったなー!と思って頂けるでしょう。

コンピュータ手相占い

コンピュータ手相占い

コンピュータ手相占いの記事

コンピュータ手相占いの記事

で、タワー内に、こんな感じのコンピュータ手相占いがありました。

結構当たっている。と言う事で評判らしいのですが、悪い事は書いていないんでしょうね。当たっている気持ちもしますし、額面通り受け取れば、将来大物になる可能性があるみたいです。母親もしたのですが、そうした事は書かれていなかったのですが、男性と女性で機械にのっける手が逆になりますので、女性は将来大物とか出ないようにプログラミングをしているのではないでしょうか?

全然良いんだけど、あからさまに値上げしたろ?と思える料金ボードが2ミリ位、自分の中で引っかかりました。サイズがあればシャツ位は購入してみようかな?と思ったのですが、4000円位したのでスルーしておきました。

五稜郭タワー内の様子

五稜郭タワー内の様子

五稜郭タワー内の様子2

五稜郭タワー内の様子2

こちら、タワー降りた場所にある飲食店とかになります。お土産屋さんも広めとなっていますので、こちらでお土産購入を考えている人は、その分の時間も確保をしておきましょう。タワーの近くには、観光客が多い、アジサイと言うラーメン屋さんもあれば、ラッキーピエロもあります。

でも、個人的には以下のお店がお勧めです。

キッチン中華あじたかのマーボーカリーラーメンが旨い

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。