サザンビーチホテル

サザンビーチホテル

サザンビーチホテル

2泊目は糸満市になるサザンビーチホテルでの宿泊となりました。ホテルの施設としては文句無しの良いホテルでしたね。夜も翌日の朝もレイールと言うレストランを利用させて頂きましたが、非常に美味しい料理でした。

欲を言うと、周囲に何もない。と言うのがちょっと寂しかったポイントになります。JAが徒歩15分位の場所にあり、試しに行ってみたのですが、行く時は雨が少し降っていました。雨自体はそこまで苦になる事はなかったのですが、強風とのセットとなっていて、JAに到着をした際には、結構疲労感を感じましたね。帰りは強風も雨も止んでいて、特に辛さを感じる事なく帰る事がなかったので、タイミング次第です。
ホテルの施設としては充実をしているのですが、特に使った施設は個人的にはありませんでした。商品が販売をされているお店で、沖縄限定のお菓子を少し購入した位ですかね。

糸満の名前の由来

バスガイドさんの話になりまして、すでにちょっと記憶に怪しい点があるのですが、糸満は元々名前がない地域だったみたいです。難破したイギリス人を助けた所、そのイギリス人が助けてくれたお礼として、名前がない事を知ったので名前を付けた。と言うのが地名の由来となっていて、本来的にはエイトマンと言うのが名前の由来になります。
助けて貰ったイギリス人が8人だった事から付けた名前だったのですが、それが訛っていき、イトマンになり、感じで糸満になったみたいです。地域の名前って、案外そんなものですね。六本木だった木が六本生えていたから。と言うのが名前の由来になりますので。

人を助けた。と言うのがその地域の誇りになっていく分、こうした形で名前が付いた方が良い部分もあるのかもしれません。サザンビーチホテルの場合には那覇空港も近い位置になりますので、沖縄の南の方の探索を予定している人であれば、色々と行き帰りの都合も良いエリアになるかと思います。

サザンビーチホテルで撮影をした画像

サザンビーチホテルの中庭

サザンビーチホテルの中庭

サザンビーチホテル、宿泊した部屋から見えた景色

サザンビーチホテル、宿泊した部屋から見えた景色

サザンビーチホテル、宿泊し部屋

サザンビーチホテル、宿泊し部屋

散らかっている部屋ですみません。別に見栄をはる性格ではないので、いちいち綺麗にしてから撮影とかしません。

サザンビーチホテルから徒歩15分位のJA

サザンビーチホテルから徒歩15分位のJA

こちらはホテルから歩いて15分位で到着をする地元のJAになります。当日は暴風雨となっていて、歩いて20分以上は掛かりましたね。

サザンビーチホテル(公式サイト)

こちらの記事は旧ドメインで掲載をしていた記事となります。情報としてはアップ日よりも時間が経過をしています。


まっぷる 沖縄’19 (マップルマガジン 沖縄 1)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。