手元に届いた作品

2018年もあと、10分ちょいで終了です。5分で書いておきたいと思います。

手元に届いた作品

『無』と言う作品

『無』と言う作品

『吾唯足知』

『吾唯足知』

それぞれ、以下で経緯については説明をさせて頂いております。

第1回東松山美協書道展に潜入してみた

たのしい刻字と書展に行ってきた

世の中で一番みじめな事は人間として教養のない事です。と言う事で、教養位は身につけようと思って、色々と勉強をして、良いな。と思えたものを手元に置けるチャンスが手に入りましたので、生かしてみました。

瀧先生と工藤先生には安価で譲って頂いて感謝しております。

来年は久しぶりに昇段試験を受ける予定です。多分駄目ですが、先生の年齢を考慮すると、そろそろ受け始めておかないと、最後の特別会員までに行けないですからね。

飾る所も考えておかないとですね。現在は玄関に購入した絵や函館で貰ってきた絵画などで埋まっています。ちょっと配置とかを考えてみないとですね。飾れる場所が壁の関係で、廊下位しかないのが、ちときついですかね。

それでは皆さん、良いお年を!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。