吉見百穴、一度は行こう

吉見百穴の画像1

吉見百穴の画像1

吉見百穴は小学生の頃に一度訪れた記憶がありますが、改めて見ると中々爽快な印象を受けますね。端的に言うと、でかいんですよね。

穴の中には中に入れる穴もあります。大まかに言えば見る点としては百穴そのものと、ちょっとした博物館、それと中島飛行場が戦前にゼロ戦を作る為に掘った穴後です。それとヒカリゴケですね。

階段は割と急な斜面の箇所もありますので、足場が悪い日は気を付けた方が良いでしょう。

博物館も面積としてはついでとしてあるレベルとしては大き目となっていて子供が遊ぶ広目の公園も用意をされていて、遊戯道具の無料レンタルもされているので、ほっこりと家族で時間を過ごす事も可能な施設となっています。

流石に個人的には体験をしなかったのですが、中には埴輪作りを体験するコーナーなども用意をされているので、子供を連れて行っても、結構楽しめると思います。

「埼玉のカッパドキア」などとも呼ばれる事がある、吉見百穴になりますが、ここが吉身町の最大の見せ場になるかと思います。なんせ、歴史の教科書にも記載をされている場所としては、ここだけになるかと思いますが、周辺にも見所の多い寺院などがあります。

朝一から周り始めていけば、かなりの数を見る事が出来ると思いますので、関東周辺の人の日帰りツアーとしてはお勧めです。ただし、歴史関係に興味がある人限定ですかね。遊んで楽しい時間を過ごせる。と言うパターンではないかと思います。

営業時間は午前8時30分~午後5時となっていて、年中無休です。駐車場に関しては、よほどの事がない限り埋まる事はないだろう規模の広め駐車場が用意をされています。吉見百穴の場合には入場として中学生以上は300円の料金が発生しますが、居る時間を考えると安い物だと思います。

ちなみに、吉見百穴の穴の数は219らしいです。多い。と言う意味で百穴と言う言い方をしているのは分かっていたつもりですが、実は100に届いていない。と思っていたのですが、ダブルスコアで上を行きましたね。参りました。

古墳時代等について興味を持っている方であれば、一度は訪れておいた方が良い場所になりますね。

撮影してきた画像

吉見百穴の画像2

吉見百穴の画像2

吉見百穴の画像3

吉見百穴の画像3

吉見百穴の画像4

吉見百穴の画像4

吉見百穴の画像5

吉見百穴の画像5

吉見百穴の画像6

吉見百穴の画像6

吉見百穴の画像7

吉見百穴の画像7

吉見百穴の画像8

吉見百穴の画像8

吉見百穴の画像9

吉見百穴の画像9

吉見百穴の画像10

吉見百穴の画像10

吉見百穴の画像11

吉見百穴の画像11

吉見百穴の画像12

吉見百穴の画像12

吉見百穴の画像13

吉見百穴の画像13

吉見百穴の画像14

吉見百穴の画像14

画像のちょっと解説

ヒカリゴケについては光っているのがうっすらとわかると思います。その他、内部画像についてですが、こちらは遺体を安置した場所になるのですが、遺体を安置した場所には、他よりも少し高くなっていて、ベッドのような形で盛り上がっていて、敷居もついています。穴の大きさよって、2体安置をしていた穴もあります。

吉見百穴関連サイト

吉見町の公式サイトと、旅行サイトのじゃらんnetを掲載しておきます。見所なども、上手くまとめてくれていると思いますので、遠い場所から、行ってみたいと考えている人の場合には、一発で全てを見る事ができるように、気合い入れて情報の収集をして頂ければと思います。

吉見百穴【埼玉県公式観光動画】

教育番組的な形で特に面白くはないのですが、情報を知るには役立つ動画でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。