ダイヤモンドプリンセス 白米はクソ不味い

国旗がズラリ

国旗がズラリ

毎回2000人を超える人が乗船をする船旅の定番の一つとなる、ダイヤモンドプリンセスに乗船をしてきました!同伴者は親で3人。当然ながら料金は最下層のコースとなっていて、部屋は海側でしたが、救命ボートしかほぼ見えない部屋となり、バルコニーも無し!この記事を作成をする時に、他にも同じように書いている人がいるのかな?と思って気になったので検索をしてみたら、結構多いですね。そして皆さんバルコニー付きが基本となっていて、ちょっと羨ましい気持ちになりました。

案外揺れるので酔い止めは持参をしておきましょう
全然揺れを感じないと聞いていたのですが、実際に体験をするのとは大違い。車とかでも下を向いていると酔いやすい。と言うのがあると思いますが、クルージングの場合には食事を取れば、当然下を向く事になるので、この時が一番自分としては厳しかったです。正直書いてしまいますが、2日目に吐きました。10数年ぶりの嘔吐となりましたね。

坂本龍馬が見ていたであろう、四国近海でマーライオンと化した訳ですが、完全に酔う。と言う事が判明をしたので船内のお店で購入をしてからは、だいぶ楽になりました。1日目は途中から、2日目は完全にグロッキー。3日目で韓国上陸と薬の効果で持ち直す。以降はそこまで体調も悪化をしないで済む。と言う流れです。

と言う事で、ざっくりと言えば、3日目になるまでグロッキーな状態だった。と言う事を前提にして頂ければと思います。

また、特に過剰な表現を避けて、実際に乗船をした感想を書かせていただき、そこで気が付いた事や、持って行った方が良いもの。などの紹介もしたいと思います。この辺り、他の乗船客の方からお話を聞いた所、初めてだから分からなかった。と言うケースも多いです。これから初めての乗船を予定している人の場合には、そうした情報があった方が役立つと思いますので、参考にしてね。

それと、あえてページを分ける事なく、途中で寄った韓国の釜山や静岡の清水など、下船するまでの写真なども全て1ページに収めます。読み込みに時間が掛かったりする事もあると思いますし、じっくりと見てみよう。と思う方が居ましたら、ブックマークなどをしておいた方が良いと思います。

Contents

日本大通りから歩いて乗り場まで歩く

やたらと早い時間から家を出て、これから豪華なクルーザーに乗る。と言う事ですが、焼きおにぎりを途中で頬張りながら、でっかいダイヤモンドプリンセスが待つ、停泊所まで到着。停泊所となるベイのすぐ近くにある売店で日本のお菓子とジュースを少し購入しておきました。

まずは、その停泊をしている写真から見て行きましょう!

ベイに泊まっているダイヤモンドプリンセスとの周辺の風景

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

さー!見えてきたね!と言う感じです。

横浜港の画像

横浜港の画像

横浜港の画像

横浜港の画像

ちなみに、周辺はこんな感じです。

あまり横浜に馴染みがないので、見ていて新鮮な気持ちでした。

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

さらに近づいてきましたよ!

そして、ベイに近づくにつれて、桜木町から無料の送迎バスが出ている事を知る。
と言う感じですが、桜木町方面が近い人や荷物が多い人には良いかもしれません。
で、ベイに入り、書類を出したりと色々としてから出国!

さー!出港だよ!

さー!出港だよ!

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

横浜港の画像

横浜港の画像

こうして見ると、やっぱり大きいですね。

この救命ボートがある部屋の一つが宿泊をした部屋になります。

取り合えずダイヤモンドプリンセスの施設の紹介

色々と時系列で紹介をしていく前に、時系列とはあまり関係のない施設の紹介を一気にしてしまいたいと思います。図書館は行ってみたのですが、洋書はそれなりの充実度でしたが、和書については、うーん。となってしまう位に数としても貧弱になっています。子供が遊びそうなボードゲームなどはありましたので、その辺りは子供連れの人には良いと思いますが、個人的には利用をしていませんので、割愛をさせて頂きたいと思います。

まずはお部屋

宿泊した部屋番号です。
公式サイトを見たら、唯一のバルコニーのない部屋の種類です。

汚い感じでごめんなさい。
ベッドのサイズですが横幅は狭い形で二人はまず無理。と言うサイズ感です。
上にちょっと映っていますが、3人で宿泊をすると上からベッドが下りてきます。

受付メイン

階としては5階になります。不明点があればこちらで聞いて下さい。

カジノ

清水以降は日本近海となりカジノは閉鎖!
いつでも開いている訳でないので、
興味がある人は事前に開催日時をチェックしておいた方が良いと思います。
個人的にそこまで興味はなかったのですが、出来なかったのは少し残念。

プリンセス・シアター

何で椅子しか撮影をしなかったのか?自分でも不明。

デッキ

デッキは広いです。主に喫煙スペースの近辺で撮影をしました。

エレベーター周辺

前方・真ん中・後方にこうした形でエレベーターや階段があります。

シガーバー

喫煙出来る場所は指定をされた外のデッキか屋上の方にある端の方になります。
いずれにしても外になります。室内唯一はこちらのシガーバーをご利用下さい。

屋上

真ん中のエレベーターを使えば、彼がお出迎え

まったりと映画鑑賞も出来ます。

こちらはグレードの高いコースを申し込んだ人だけが出入り可らしいです。

その他

部屋以外にもトイレがあります。広くて快適。

ちょっと飲む為のバーです。

廊下にも、こんな感じでオブジェが配置をされています。

左がマスターなどで現金を出せる機械。
右は部屋の入室カードを入れる事で、いくら使ったのかを表示出力してくれる機械。

他にもいくつかブランド店があります。
ただし、船が出航をしないと開きません。

さらば横浜

写真は撮影をしていなかったので、時系列としてどのタイミングだったのか、思い出す事が出来ないのですが、取り合えずどこか最初の方のタイミングで救命道具の説明を、それぞれの指定の場所に集まって講習を受けます。いざと言う時の為ですね。

出航前だったか?出航直後だったのか、ちょっと思い出せないのですが、早めの段階となるのは間違いないです。初日は出航直後から色々とバタバタとしますので、注意をしておきましょう。

港をゆっくりと離れていきます。
何も思い入れはないのですが、さらば横浜!と思っておきました。

鏡割イベント

鏡割イベント

鏡割イベント

船が出向をすると、こうした形にて鏡割りイベントが行われます。
最後の写真は使っているデジカメの特殊機能となっていて連写機能があるのですが、
カラーリングを変更してくれる機能も付いている為、自動的にこうした色になっています。

レインボーブリッジに当たりそうなる

常識的に考えて、当たる訳がないのですが、結構スレスレな感じでレインボーブリッジの下を通ります。実際には結構距離があるのかどうかは分かりませんが、取り合えず多くの人が集まります。初めていく場合には、こうした事も分からないと思いますので、ほら?見ておいて良かったでしょう?出航をしたら、上の屋上に行って、高い所まで行って、ぶつかりそうになるのを楽しむ。と言う、良く分からないイベントが待っています。

でも、本当に視覚的には近い印象を受けて、当たる訳がないだろう。と思いながらも少しだけハラハラしてしまいました。

レインボーブリッジに当たりそう

レインボーブリッジに当たりそう

レインボーブリッジに当たりそう

レインボーブリッジに当たりそう

レインボーブリッジに当たりそう

レインボーブリッジに当たりそう

プリンセスダイヤモンドでの食事について

プリンセスダイヤモンドでの食事については、大まかに言えば、4種類になります。ビュッフェ形式で取る事が出来る朝食・昼食がまず一つ目。ピザやバーガーと言った、11時位から10時位までいつでも取る事が出来る食事が2つ目。指定の時間(17:30・19:30の2つの時間のうちどちらか)で、指定をされた店と指定をされた時間に行く事で食べるディナー、これが3つ目になります。これらは全て無料となります。最初に支払ったパッケージ料金に組み込まれている形ですね。

最後の4つ目ですが、有料で事前に予約をした上で食べる事が出来る、船内のお店です。お寿司のお店は別ですが、概ね一人29ドルで取る事が出来ます。お店の前は何度も通りましたが、一度も有料のお店は使用をしませんでした。

ただ、無料の食事に関しても、アルコールやジュースなどは有料となります。コーヒー、紅茶、水は無料となります。

ディナーでのドレスコード

船内をうろうろする際や朝食や昼食の時には、カジュアルな服装で大丈夫です。半袖短パン、サンダルでも何も問題はありません。ただし、ディナーでは長ズボン着用でサンダルも禁止となります。この辺り、イチイチ着替える必要があるので、面倒だと思いますが、面倒を楽しめる高齢者が基本的には客層になりますので、問題ない。と言う感じですかね。個人的にはもっと畳の席とか欲しかったですかね。椅子の横幅が個人的には狭く感じて手すりが邪魔で仕方がなかったです。

一応ズボンに関してはスラックスと書いてあったのですが、いやー、今回の件で初めてズボンにスラックスなんてあるのを知りましたね。インターネット関連企業で服装自由の会社で働いた事しかない私としては、何それ?と言う感じでしたが、折り目の入った、何だかダサいズボンあるじゃないですか?あれがスラックスらしいのですが、ユニクロで売っている服なら種類も分かりますが、売っていないから知りませんでした。ちなみに私はチノパンで入りましたが、何も問題ありませんでしたが、半ズボンでサンダルで入ろうとした人は止められていました。着替え忘れただけだと思いますが、一応その位のチェックはしているみたいです。

洋食は美味しい、和食は基本的に不味い

と言う事でですね、それなりにドレスコードを敷いて紳士淑女ぶっている割には、ご飯はクソ不味いです。はっきりと書いておきます。クソ不味いです。ただし、ご飯と言いましても、白米の事ですね。メインの主食になりますので、それが不味いので台無しな感がありますが、基本的には和食は外れです。

私は食べていませんでしたが、鮭は美味しいみたいです。鳥の照り焼きも美味しかったのですが、白米に関しては、どう作ったらここまで不味く作れるのかが不明な位に不味いです。あまりの不味さにクレームが大量に行ったのか、不思議な事に4日目辺りから、白米がそれなりに美味しくなりました。ただし、最低レベルが普通よりも下まで上がっただけで、決して美味しくはなかったです。

朝食のビュッフェで出る白米も、ディナーで出る白米も同じ白米で、みそ汁も同じです。パンも同じですかね。最後のディナーで食べたステーキと豚の角煮は相当高いレベルで美味しかったです。全体的なイメージとしては洋食はそれなりに美味しい。和食は不味い。と言うイメージが強烈に残ったのですが、思い返してみると白米は不味かったのですが、他は普通かもしれませんね。

この辺り、クレームが大量に入っていると思いますので、今後改善をされるかもしれませんので、こうしてサイトを見て頂いた上で、プリンセスダイヤモンドに乗船をされた方は、是非とも勇気を持って、白米を頼んで頂きたいです。

普段はラフな格好しかしていないのと、椅子を使わないで食事をしているので、息苦しさを感じつつ、かつ最初の時点で記載をしている様に、船酔いがこの1日目の夕食から若干始まっていたので、何だか息苦しい場所での食事だな。と思いながら、白米を頼んだら、信じられない位に不味い白米を出されたので、かなり個人的には腹だ立ちましたね。

ディナー時のワンポイントアドバイス

ディナーはコース料理となりますので、基本的には前菜から順番に運ばれてきます。例えばですが私の様に、みそ汁・ごはん・メインのおかず。と言う形で注文をすると、まずはみそ汁が運ばれてきます。ご飯が運ばれてくるまで、10分近くありますので、仕方無しにみそ汁を取り合えず飲みます。そしてご飯とちょっとしたタクアンなどがセットで運ばれてきます。信じられない位に不味い白米ですが、他に食べる物もないので、仕方無しに食べます。そして最後に鳥の照り焼きが運ばれてくる。と言う形になります。

プリンセスダイヤモンドの場合、横浜出発であれば、当然ながら日本人客が中心になる訳ですから、同時に持って来る。と言う配慮をして頂きたいのですが、外人社長に加えて、エリアマネージャーなども、恐らくは外人さんで、日本食なんて食べた事がない人なのでしょう。その為、注文時に同時に持ってきて。と言う事を伝えておいた方が良いです。炊き方が不味かったのか、使っている米が不味いのか、両方だと思いますが、とにかくメインの鳥の照り焼きが到着をした時にはご飯はすでに冷めていて、不味いのがさらに不味くなる。と言う形になりますので、これは避けた方が良いと思います。

Bring same timeとか日本語が通じないウエイターであれば、簡単な英語でも通じますので、白米を食べたい人は注意をしておいてください。この辺りはご飯が不味いとか、改善をされるかもしれない点ではなく、システム的な問題になりますので、恐らくは改善をされる事がない点になりますので、事前に覚えておいて貰った方が良いと思います。

一番美味しかった食事

写真を撮りませんでしたが、プリンセスダイヤモンドでいつでも楽しめる食事として一番美味しかったのは屋上で無料で食べる事が出来るピザです。具体的に言えば、サラミのピザです。大体いつでも出るだろう食事で言えば、ディナーのアイスクリームも非常に美味しいです。タイミングによっては出ないかもしれませんが、ステーキと豚の角煮も美味しいです。ちなみに豚の角煮は丸かったので角煮ではないです。多分ですがシェフは角煮と言う意味を知らないで、こうした料理を作れば良いんだろ?的な感じで作ったのだろうと思いますが、味が美味しかったので、特に文句はありません。

今回のダイヤモンドプリンセスで非常に不満だった点は2点。うち1点がこの白米でした。
汚い店構えで、店に入ったら親父が新聞読んで、いらっしゃいも言わないでけだるそうに厨房に戻って、メニューを見たら、食材は盗んだのかな?と思える位に安い店で、出てきた飯が不味い。となっても、何とも思わないのですが、ドレスコードまで設けておいて、コンビニ弁当以下の白米を出された日には、お米好きとしては許せない気持ちになりましたね。冗談抜きで1パック100円を切るレトルトご飯の方が断然美味しいです。

食事風景

パンは美味しいです。柔らかいパンを夕食時に何個も食べました。
たぶん今回一番食べたのがパン。

1日目の船上イベント

全部を紹介していくのは無理だと思いますので、ざっくりとした感じでこんなのがありました。と言う感じで紹介をしたいと思います。

  • 鏡割りセレモニー
  • 緊急避難訓練
  • 横浜出港パーティー
  • 姿勢の矯正と快適な歩行
  • 彫刻の重さあて
  • 映画:キング・アーサー
  • クルーズディレクタースタッフとラインダンス
  • 社交ダンス音楽
  • 18歳から20代の集まり
  • カラオケ大会
  • カジノ入門
  • 夜のダンスパーティー

緊急避難訓練については、全員が必ず参加をしなくてはならないものとなります。出港直後に行われますので、直前に到着をした人は忙しいと思いますが、すぐに準備をして、指定された場所に向かいましょう。

2日目は終日、海上で過ごす

2日目は終日を海上で過ごしました。そしてそのせいもあってか、私はゲロを吐く事になった訳ですが、揺れを感じないのは脳がアルコールでやられている人位で全然揺れを感じます。揺れよりも個人的にきついのが、斜めになる事ですね。

斜めになっている場所に居ると、脳が混乱をしてしまうのか、すぐに気持ちが悪くなります。それと、気分が悪くなった場合には、医務室は全く役に立ちません。7階にタバコやアルコール、お菓子などが売られているお店があります。そちらで薬が一部販売をされていますので、大丈夫だと思っていたけれども、酔ってしまった人。と言う人は、薬をそちらで購入するのが良いと思います。ざっくりと言えば10ドルで一箱売ってくれます。医務室に電話をしても、7階の前方部に置いてある。と言われたので探し回ったのですが、どこにも置かれていないので、船員さんに聞いたら、お店では販売をしていると言われました。その方は親切な方で、お店まで付いてきてくれたのですが、置かれている。と販売しているでは、全然意味合いが変わると思います。置いてある。であれば、気分が悪くなった人の為に、何かの箱に薬が入っているのかな?と解釈してしまう事もあると思います。実際に私がそうでした。それに酔って気分が悪くなっている時に、まともに脳が動きませんので、判断力も鈍りますからね。

取りあえず、薬を購入して、部屋に戻ってから薬を飲みましたが、恐らくは薬は何も効いていないだろう、飲んでから10分位で、相当出ました。この日は追加で薬は飲みませんでしたが、3日目からは薬を飲むようにしてからは大分体調も回復しましたね。それでも斜めになっている時に食事をしている最中は結構きつかったですね。

別件で出来たのピザを食べた時にチーズが落ちてしまい、指先の狭い範囲ですが、かなりガッツリと深い所まで火傷したのですが、その際も医務室は空いておらず、何か貼って貰う薬でも良いから貰いたいと思い、電話で診察希望を伝えたのですが、診察を拒否されました。

医務室に居る医者は、恐らくですが、心肺停止確認をするだけの役割で、それ以外の診察はしてくれないと思いますので、死ぬ以外には診察をしてくれないものと思って下さい。
火傷をしたのは3日目で、韓国上陸日だったのですが、たぶん3時間から4時間、氷水に指先を突っ込んだ状態でした。それで絆創膏を貼ってようやく、痛みをあんまり感じなくなったので、大した火傷ではないのですが、ステロイドを含む軟膏位は持って行った方が良いかもしれませんね。

もちろん、自分が火傷で医務室に行ったのは、30分以上冷やして、それでもジンジンとした痛みが取れないと言うか、痛みがかなり激しいからだったのですが、お医者に伝えたら、見ないって。白米がクソ不味いのと、この医務室の対応の件については、本気でむかつきましたね。空いているはずの時間帯でも、普通にしまっていて、用事がある方は電話をしてくれ。と書かれているのですが、電話をしても、医者が出る訳ではないです。これ、火傷程度だったから良かったけど、もっと深刻で1分1秒でも早い処置が必要な時、どうするつもりなんでしょうかね?脳梗塞とか、しゃべる事が出来ない事もありますからね。

ゲロ吐いたのは午後の夕飯の後になりますので、それ以降の時間帯のには、自分は参加をしていません。

何が言いたいかと言いますと、医務室自体は確かにありますし、公式サイトなどでも、いざと言う時の為にも医務室がありますから。と言う事が書かれていますが、実際には何もしてくれませんので、各自が自分で自分の身を守る為に、あらゆる必要な事は事前に用意をしておいた方が良い。と言う事をお伝えしておきたいと思います。上述しているように、心肺停止確認位はしてくれますので、死亡届を出す時の心配だけはしなくても大丈夫だと思います。

午前中はまったりと映画

ゴルフ、ホールインワンに挑戦に参加をしようと思っていたのですが、人がかなり居て、ゆっくりと楽しむ。と言うよりも、流れ作業でやる。と言う感じだったので、ちょっと遠慮をして、映画:キャプテン・アンダーパンツがやっていたので、そちらを見ました。キッズ向けの映画になるかと思いますが、ゆったりとした環境で見る事が出来たので、それなりに個人的には楽しむ事が出来ました。

午後からはアフターヌーンティー

午後からはアフターヌーンに参加をしましたが、今回のスケジュールでは2回ありました。そのうちの1回目に参加をしたのですが、びっくりとする位に人が多いですね。何というか、そんなに凄いのかな?と思っていたのですが、大した事はないですかね。それなりに美味しいケーキと市販で普通に売られている紅茶を飲む。と言う感じなのですが、普段忙しい主婦の方には、こうしたのんびりしたお茶タイムを過ごす事自体が、恐らくは憧れなのでしょうね。男性から見たら、うーん。紅茶だね。と言う感じで終了でした。ケーキについても、不二家のショートケーキの方が美味しいかな。と言う感じです。当然、コージーコーナーでも可です。この辺りから、気分が悪くなり始め、ゲロに向かって一直線だったので、物事をポジティブに考える事が出来ない状態だった可能性は高いです。人が多く並んでいるのを見るだけでも、ゲンナリした自分がいたのを微かに覚えています。

夕飯、今日はドレスコード高め

スマートカジュアル以上でなければ、夕飯のお店には入れないのですが、2日目となる日は正装限定となっており、この1時間程度の時間の為にスーツを郵送する事になります。どうしてもスーツを着たい!なんて奇特な方はあまりいないはずですし、着たければ勝手に着れば良い。と言う話なのですが、何故、それを半ば強制するのか?と言いますと、この日に食事をしている写真を撮影して、それを販売する。と言う商売上の理由なんですね。

なるほどね。そうした売上を出す為に、スーツを着用させて、写真販売をして、売上を出すのを、さも、エレガントデーみたいな形にして、客を納得させるのか、上手いやり方だな。と思うのですが、その為、普段仕事柄、着る事がないスーツを引っ張り出して、郵送をさせる事には、ちょっぴりと腹が立ちましたが、1日目に引き続き、味噌汁だけが運ばれてきたり、クソ不味い白米を、自分で選んだとは言え食べる事になり、そちらの方がむかついたのですが、最後まで食べるだけの体調に余裕がなく、途中で退席。フォーマルデーと言う事でボタンを一番上までとめて、ネクタイを締めたのが自分にトドメを刺したのだと思います。

と言う事で、この日は、吐いた後は、そのままぐったりと横になり、10時間を超える睡眠にそのまま突入しました。
画像については、同伴者に撮影をしておいて貰ったものとなります。ウエルカムグラスタワー・パーティーなどもあったみたいですが、当然ながらそれ所の気分ではありませんでした。今、思い返して見ると、医務室の前にむちまけてやれば良かったと思いますが、ちゃんと部屋のトイレに出しました。

ウエルカムグラスタワー・パーティーとミュージカルらしき画像

2日目の船上イベント

  • ヨガ教室
  • 世界のお祭り:ウクレレ教室
  • ズンバ教室
  • 映画:キャプテン・アンダーパンツ
  • 輪投げ大会
  • ホールインワンに挑戦
  • アート教養講座
  • ライカカメラ実演
  • 社交ダンス教室
  • フラダンス教室
  • 映画:ジーサンズはじめての強盗
  • ポーカープレイヤーの集い
  • バスケットボールプレイヤーの集い
  • 卓球トーナメント
  • アフターヌーンティー
  • アフタークイズ
  • 世界の宝石イベント
  • ウエルカムグラスタワー・パーティー
  • 社交ダンスミニショー

他にも多数のイベントが開催をされていました。潰れていなければ、映画:ザ・マミーをピザ食べながら見る予定でした。無念であります。

3日目のメインは釜山上陸!

午前中はまったりと映画を見て、午後からは釜山上陸。そして帰ってきてからは、マジックショーを観戦。薬の効果と、陸に上がったせいもあってか、この日からは体調も回復をしたのもあったりと、釜山が思っていたよりも面白かったりと、やや斜めだった私のご機嫌も戻りました。正確には釜山に上陸してからです機嫌が良くなりましたかね。釜山上陸前は、上に書いてある火傷をした後で、医務室に対してブチ切れている状況でした。釜山上陸を控えている中で、氷水の入っているコップ持って釜山をウロウロしなくてはならないのか?と結構焦っていたタイミングですね。3時間位、冷やしておいて絆創膏貼れば、何とかそこまで痛みを感じないレベルに回復したので、結果オーライでした。

映画:美女と野獣を見る

朝食を食べた後は、美女と野獣と言う映画を見ました。タイトル位は知っている人も多いと思いますが、2017年に上映をされた最新作品となります。ちなみに、最後の注意書きでも書きたいと思いますが、最上部の映画を見たり泳ぐ場所ですが、非常に眩しいので、サングラスもしくは防止持参が良いと思います。後は、気になる人は日焼け止めですね。

映画:美女と野獣のサンプル動画

今さら気がついたのですが、エマ・ワトソンだったのですね。名前は聞いた事があるけれども、顔は良く知らない女優さんで見ていて誰だか分かりませんでした。結構面白かったのですが、こうした映画とかも含めてジャンルを問わず、映画が好きな人であれば、U-NEXTに加入をするのも良いと思います。31日間の無料お試し期間が用意をされています。

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

釜山上陸

ダイヤモンドプリンセスでは、コースによって寄港地がいくつかあります。今回の日程とコースでは、韓国の釜山と日本の清水によりました。順番としては最初に釜山になりますが、コースとしては5つ用意をされています。その中から自分で選んでバスツアーに参加をする仕組みとなっています。私が参加をしたのは海東竜宮寺のコースとなりますが、他にも「ぼん魚寺と韓国伝統音楽と舞踊鑑賞」、「チャガルチ市場とぼん魚寺」、「二妓台遊歩道散策と韓国焼肉」、「韓国焼肉と国際市場」、こういったコースが用意をされています。別途有料となります。

海東竜宮寺

下船してすぐにバスに乗り込みます。バスの中では一人3000円までバスガイドさんがサービスとして為替の両替をしてくれます。その金額ではちょっと心配。と言う人の場合には、両替業者が出ているので、降りて入管が終わり次第すぐに両替をするようにしましょう。

海沿いにあるお寺となっていて、綺麗なお寺だな。と言う事は感じました。階段が多くなりますので、動きやすい運動靴、膝に不安がある方はサポーターなどを用意をしておきましょう。おでんみたいなのを食べましたが、まー、普通の味でした。不味くもなければ、凄く美味しい訳でもなく、みたまんま、こんな感じ。と言う味です。帰りにバスに乗る前にファンタを購入しましたが、こうした場所の価格なのか、日本と変わらないか、少し高い位でしたね。正確な為替は分からず、取りあえず10倍位の価格と言う意識でした。日本円で100円は、1000ウオン。と言う感覚ですね。

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウスに時間ギリギリで到着。閉館時間が迫っていた為、駆け足で一周してきました。APECが韓国の釜山で開催をされた際に建築をされたみたいですが、そう言えばAPECなんてものがあったな。と言う程度の認識になりますが、生活のどの辺りにAPECが関係をしているのかは不明です。

そのヌリマルAPECハウスの近くにあった灯台を見て、静かな場所を散策してバスに戻ると言うコースでしたが、トイレが以外と遠い場所にあるのと、公衆トイレになりますので、この辺りでトイレに行きたい人は、ヌリマルAPECハウスで使っておくのがオススメです。

その後は、韓国一と言われるビーチとなる海雲台ビーチを駆け足で見てきました。トイレに思いの他、時間が掛かったので、バスの集合時間に間に合わないか?と思ったのですがギリギリセーフでした。ちゃんとビーチの所まで行く事が出来なかったのですが、なるほど綺麗なビーチだな。と言う感じですね。

山にも住宅が並んでいますが、ブラジルのファベーラではないですよ。韓国の釜山です。

国際市場

韓国の釜山で回ったコースの中で、個人的に一番面白かったのが国際市場です。入口は立派なアーチが建てられていて、コンビニや綺麗なお店が並んでいるのですが、中に入ると昔ながらの店が詰め込まれていて、新旧が道一本を隔てて内包をされているのが味があって良かったですね。ちなみに新旧で言えば新の方はまっとう、旧の方は色々と問題がある店舗が率としては高いと言う感じです。

具体的にどんな問題があるの?と言う点についてですが、お金を盗まれる。とか、そうした事ではありません。その悪い所に興味が沸いたので、ちょっとガイドさんにオススメの店を聞いたら、私みたいな人が一定の確率で来るのか、ガイドさんが近くにいた男性に話かけていて、?と思っているうちに、その話しかけられた男性が、付いてきな!?と日本語で話を始めて、付いて言ったら、テレビの潜入取材とかで見た事がある所に連れて言って貰いました。

店舗の中も煙草吸い放題となる、色々とカオスな状況で、こりゃ買わないと帰れないぞ。と言う雰囲気となり、取り合えず購入をしました。作りもしっかりとしていて、最近のは凄いな。と言うのが率直な感想です。

この辺りはちょっとぼかしていますが、韓国と言えばこれも有名ですね。

他にも、メガネがレンズ付きで3000円程度で作ってくれたりします。きちんと視力検査はしてくれるみたいですが、流石に3000円のメガネって、ちょっと怖いかな。と思いますが、30分程度で作る事が出来るみたいなので、今回の下船でのバスツアーでは時間的に難しくなりますが、別途ツアーなりで来たりした時に、サブのメガネとしては良いかもしれませんね。

振り返ってみても、この国際市場が、今回のダイヤモンドプリンセスの中、全ての中で、自分に一番マッチをしていて良かったと思います。帰りのバスに向かう途中に、ペット屋さんが多かったのに気が付きましたが、韓国ではペット率が高いみたいです。私はペットは飼っていないので良く分からない部分があるのですが、ワンちゃんが着る服など、日本では高いと思います。実際にワンちゃんを飼っている人と乗船後に話をする機会があったのですが、そちらの方は日本で購入をするよりも断然安いから、大量にまとめ買いをしたみたいです。1着1000円程度らしいのですが、それが安いのかどうか分からないです。日本だと4000円とかセーターでするらしいので、それと比較をすると安いですね。

ちなみに連れていかれたお店に話を戻しますが、日本円が通じます。

韓国の釜山に興味がある人、当サイトで寄った場所について紹介をしているページは以下です

ダイヤモンドプリンセスに乗船

あっと言う間の韓国釜山のバスツアーを終えて、ダイヤモンドプリンセスに乗船となります。これで行きは終わりで帰りの途中に清水に寄るだけですね。この辺りで参加したコースは半分が経過となります。

ダニエル・カのマジックショー

帰って来てから見たのは、マジックショーです。テレビではマジックを何度も見た事がありますが、こうしたショーで生で見るのは初めてとなりますので、ベタベタなマジック中心でしたが、ちょっと感動しました。

この1件で私の中でスターになった、ダニエル・カですが、案外と普通にダイヤモンドプリンセス内にいて、別のステージとなる、落語家の外人女性のショーでは写真撮影に専念をしていたり、普通に同じ場所で食事をしていたり、清水で折りた時には普通に下船をして、清水観光を楽しんでいたみたいで、案外とステージを降りると普通の外人さんでした。

Twitterはあんまり更新をしていないみたいですが、もしかしたら、この投稿をされているのは、私が乗っていたステージの写真かもしれません。

3日目の船上イベント

  • バランスヨガ教室
  • 盆踊り教室
  • モーニングクイズ
  • 映画:美女と野獣
  • 麻雀・カードプレイヤーの集まり
  • 上級の写真教室
  • 坐骨神経痛の処方箋
  • 社交ダンス教室
  • 英語教室
  • フラメンコ教室
  • アフターヌーン教室
  • 映画:ラ・ラ・ランド
  • マジックショー
  • 506年代60年代のロックンロール

4日目、アウトレットセールで時計とTシャツを買う

4日目は終日海上となります。この日は酔い止めもしっかりと飲んでいたので、特にどうと言う事はなかったですし、一番リラックスして過ごした日に振り返ってみるとなりましたね。夜はシガーバーでボーっと過ごしました。

午前中はゆっくりと朝食を食べましたが、このタイミングでは慣れたもので、白米が外れで我慢してまで食べる必要はない事に気が付いているので、シリアスを食べたりと、当たりの率が高い料理の選別も付いているので、しっかりと食べる事が出来ました。

その後は、アウトレットセールに行き、Tシャツと時計を購入しました。時計は未だに未使用で使う機会を待っている状態ですがTシャツは良かったですね。動きやすい作りで素材も別に悪くないです。すでに何度か洗濯をしていますが、伸びも縮みも解れもなく、快適に着ています。5ドルで購入をしましたが、20ドルのものとなっていて、タイやモンドプリセンスの他のコースなどで販売をされていたものらしく、今回のツアーと全く関係がないタイの絵柄が大きく背中に描かれているデザインですが、寝る時などに活躍をしてくれています。

ガーディアンズオブギャラクシー リミックス

嫌いじゃないですよ。アライグマのキャラクターが良い感じでした。美女と野獣でも紹介をしていますが、映画好きならU-NEXTはオススメですね。アマゾンプライムなら、プライムの年会費で映画が見れますが、最新作と言う面ではやはり見劣りするので、ちゃんとした有料サービスの方がやはり最新作については強いです。DVDの様に返却の必要もないので、寝付けない夜に見るのも良いですし、手が空いた時にも見るのも良いと思います。

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

ボーン・トゥ・ビー・ワイルドを見る

ミュージカルらしい、ボーン・トゥ・ビー・ワイルドを夜になり見ました。率直な感想として、対象がちょっと違う感じでした。別の便ではどういった年齢層が乗船をしているのか不明なのですが、今回の便では、70代が中心層だと思いますが、70年代ってこの辺りの曲を知っているの?と言う感じです。

自分は30代で、割と知っている曲が多くなっていて、全体の半分以上は聞いた事があると思いますが、本来的にドンピシャは自分よりも少し上の40代辺りだと思いますが、この辺りの年代は自分が見た印象としては一番少ない年齢層になると思います。しかも洋楽になりますので、40代だとしても知っている人やその人の青春時代を代弁している。と言う人も少な目だと思いますので、曲選定をミスっていないか?と言う気持ちが個人的にはしました。

ちなみにステージのタイトルにもなっているボーン・トゥ・ビー・ワイルドはこちらですね。歌っているグループ名を始めて知りましたが、普通に生きていれば、絶対に聞いた事がある曲だと思います。自分の中ではバイクに乗っている人のイメージソングですね。ちなみに子供の頃は軍艦マーチはパチンコ連盟のテーマソングだと思っていました。自分が子供の頃はパチンコ店の側を通ると、大体かかっていた記憶がありますが、本当に掛かっていたかどうかは不明です。何となくのイメージですね。最近ではボーン・トゥ・ビー・ワイルドは杉ちゃんの登場シーンでも掛かっていたので、若い子も聞いた事がある人が多いと思います。

他に掛かっていた曲

他、覚えている限りではこの辺りの曲が掛かっていました。絶対に70代の爺さんが知っている曲ではないですよね?トップガンは映画が好きな人であれば知っている人も多いと思いますが、それ以外は、それなりに洋楽を聞いている人ではないと知らない曲が多かったです。

個人的に期待をしていた曲

昔の曲が流れると聞いていたので、こうした曲が流れる。とちょっと思っていたのですが、ステージタイトル画面ボーン・トゥ・ビー・ワイルドなので、掛かる訳がないですね。でも、この辺り普通の30代とか知らないと思いますし、高齢者でも知らない人も多い曲だと思います。

自分は通算で2000本以上は映画を見ていると思いますので、都度映画で流れた曲とか気になったのを調べたりしているので、タイトルとかも分かるのが多いと思いますが、普通はそんなに映画は見ないと思いますので、

次はこの曲でいこう

ダイヤモンドプリンセス号は乗船をしている客層は全体的に年齢層が高いです。就航期間、値段、色々な面で子育て世代には乗りにくいクルージングになります。もちろん現役世代がいない訳ではないのですが、全体的に、こちらのミュージカルも含めての客層としては高めが多いので、どうでしょうか?次回はBad Romance辺りをかけて頂いて、見ている高齢者の血圧を少し上げて頂くのは?

衣装もそんな感じで。血圧が上がりすぎてぽっくりと行ってしまうかもしれませんが、本望だと思います。知らない人も多いと思いますが、Lady Gagaは世界で2番目にTwitterのフォロワー数が多い女性ミュージシャンで大学に行くも中退をして薬漬けになり、そこからカムバックしてトップスターになった人です。凄いよですよね。

大学時代には周りと馴染めなかったみたいですが、周りがグーグルに行きたい!とか、大手のベンチャー企業を志望しているのに対して、じゃあ私はグーグルで検索をされる様なスターになりたい。とか言ったとか言わないとか。審議は不明ですが、そんな話を聞いた事があります。個人的にはPoker Faceの方が好き。

ボーン・トゥ・ビー・ワイルド

ボーン・トゥ・ビー・ワイルド

4日目の船上イベント

  • モーニングクイズ
  • コンサート映像:シルクドソレイユ・コルテオ
  • ファイナル・アート・オークション
  • チャリティー・オークション
  • フラフープ退会
  • 卓球フリープレイ
  • 映画:ガーディアンズオブギャラクシー リミックス
  • カラオケタイム
  • ユダヤ教の礼拝
  • 映画:パイレーツ・オブ・カリビアン
  • ボーン・トゥ・ビー・ワイルド
  • プリンセス落語会
  • デッキパーティー

他の日にちついてもですが、全てを掲載していません。数としてはかなりあります。基本的にはダンスの類は毎日あります。他にも書いていなかったので言えば、コンサート映像:シルクドソレイユ・コルテオを見ましたね。

上記のコルテオですが、始めて知ったのですが、シルクドソレイユって、毎回テーマが変わるみたいですね。これまで見た事がなかったですし、今回をきっかけに見たのですが、疲れていたのだと思いますが、見始めて30分で寝ましたが、シルクドソレイユと言ったらアレグリアしか知りませんでした。全部アレグリアだと思っていましたね。結果としてはシルクドソレイユは自分に合わないかもしれませんが、パソコンで作業をしている最中に、割と頻繫にアレグリアは聞きます。良質で良い曲ですよね。

5日目、清水に寄港、そして私は絵画デビューを果たす

セール開催で絵画デビューを果たす

前日に絵画のオークションが行われていました。参加をした。と言うよりも、一番端っこから、こっそりとどんなもの?と言うのを見たのですが、たまたまですが、最初に見た絵画が500万円からスタートとなり、やばい場違いだ。と思い、何作品か見て終わったのですが、一応20万スタートとかもありました。ただ、活況と言う感じでは決してなかったですね。

在庫処分セールとなったのか、作品によりけりですが、割引も割と大きい額にはなるのですが、それでもやっぱり高いですね。セールを女性がかけてくるのですが、予算的にないので一番安いのはどれですか?と聞いた所、何とか手が届く範囲内の金額で販売をされている絵を紹介されて、そちらを購入してみました。箱からは出したのですが、まだちゃんと飾っていませんが、自分では満足ですね。

これ、時系列としては後の話になりますが、絵画を国内に持ち込む際には手続きが発生をするケースがあります。私が購入をした絵画は基準に引っ掛かる金額ではない為だったのか、手持ちで持って帰れ。となったのですが、高額な絵画の場合には、ダイヤモンドプリンセスの方で手続きをしてくれて、送料込みでの金額での販売となります。あまり気にしなくて良いのですが、私の様に手持ちで持ち帰る安いのを購入をした際には入管で、それは何だ?と聞かれて、値段とかも聞かれますので、準備をしておいて下さい。

安物ではありますが、自分としては気に入っている絵柄になりますし、ハワイなどでも採用をされている実力のある作家さんの作品となります。安い理由としては一点物ではない。と言うのがありますが、全然気にしないです。

ちなみに最後の絵画が、購入をした作品と同じ作家さんの絵になります。その上にあるカエルの絵が、自分としては一番欲しかった絵画です。お値段が9万円位でした。周りの入れ物を変えるけど、その料金も込みと言うので、このままで良いから値引きしてくれ。と頼んでみたのですが、ダメでしたね。

清水寄港

中々面白かったです。釜山の時にはなかった、歓迎!みたいな旗が出ていて、高校の部活動の子達がかりだされたの、吹奏楽部らしき団体も来ていました。さー!沢山お金を落として行ってね!と言う気持ちがこもった、素敵な歓迎でした。本当にこうしたのがあると素直にテンション上がりますね。後は、清水と言う事で最悪ここで何か起きても、家まで変える事は出来る。と言う状態になりますので、その辺りも安心感がありました。

清水港に到着

清水港に到着

ウエルカム清水

ウエルカム清水

駿府城公園

現在は発掘調査が始まっている駿府城ですが、元々あった場所は公園となっています。公園と言っても、非常に広い公園となっていて、その中に紅葉山庭園と言うのがあります。今回のツアーでは、そちらの紅葉山庭園がメインですね。集合時間まで少しだけ時間がありましたので、徳川家康の像を見たりしたので、そちらも掲載をしておきたいと思います。

紅葉山庭園では、静岡の全てが見れる場所と言われているのですが、静岡県の事を良く知らないのですが、取りあえずバスの中から見た景色としては、清水エスパルスの町。と言う感じでキャラクターの像をいくつか見かけました。大宮にも駅前に大宮アルディージャの像がありますが、大宮の街並みからはサッカー愛を感じる事はないのですが、清水では感じる事は出来ましたね。取りあえず良いと思える場所だったので、機会があればまた来たいですね。

浅間神社

滞在時間が短めとなっており、あまりゆっくりとする事が出来ませんでした。御朱印を集めている人は、見て回る前に会計を済ませて、お願いをしておきましょう。8箇所位の神社が集まっている場所となり、合計で御朱印で2400円と、結構良いお値段になりますが、ここでケチるのも、ここまで来ておいて勿体ないでしょうからね。

御朱印については、関ヶ原の時にガイドさんからの説明で初めて知ったのですが、あれば天国に行けるそうです。そんな素晴らしい物が300円。集めた数に関係ない。と言う事らしいので、ちょっと1枚位は自分も集めておこうと思いますよ。それで天国決定なのであれば安いものですからね。

こちらの場所も見足りなかったので、またの機会があれば行きたいですね。

三保の松原

清水のバスツアーの最後の場所となるのは、三保の松原になりますが、時間的に遅い時間となってしまい、もう帰りは暗い形になりました。うーん。ちょっと残念でしたね。帰り道は完全に暗くなっていたのですが、それでも外人さんが向かって行ったりしたのですが、ほぼ何も見えない状態だったと思いますので、そちらの外人さんよりは、まだマシでしたかね。

お土産物屋で販売をされていた安倍川もちが上手かったです。大体のものはアマゾンで販売をされているのですが、安倍川もちについては販売をされていませんでした。何ででしょうね?また食べたい気持ちになるのですが、ないので食べる事が出来ません。こちらの件も残念。

まったりと過ごす

到着後は夕飯までまったりと過ごしました。この日が最後の夕飯と言う事で、母親が頼んでおいた特別な時に出して貰えるチョコレートが運ばれてきました。特別な日と言えば誕生日や結婚記念日などになると思いますが、ここだけの話と言いますか、ある程度は無茶が聞きます。実際、母親が頼んだのですが、クルーズ中の日程でも何でもなく、ちょっと前だったんだけど。と言う事も伝えたのですが、快く応じて頂けました。

ただ、このケーキが登場をすると、船員が歌い出してくるので、若干恥ずかしいのできをつけましょう。メニューの本を閉じて音を出してクラッカー代わりにしたりして盛り上げてくれます。

ダイヤモンドプリンセスの特別なケーキ

ダイヤモンドプリンセスの特別なケーキ

5日目の船上イベント

  • お試しマッサージ
  • クラフト教室
  • コンサート映像:シルクドソレイユ・コルテオ
  • ファイナル・アートセール
  • 曲あてクイズ
  • 写真アワー
  • 映画:美女と野獣
  • カラオケタイム
  • 社交ダンス
  • 社交ダンスミニショー
  • バルーンドロップ・パーティー
  • 夜のダンス
  • 夜のミュージック

バルーンドロップ・パーティー

ダイヤモンドプリンセスの中でも、目玉イベントとして上げる人が多いのが、こちらのバルーンドロップ・パーティーになります。個人的には、うーん。と言う感じでしたかね。静かなのが好きなので、賑やかと言うよりも騒がしい感じです。落ちてき風船を踏んで割るのですが、音がうるさいよね。

この辺りは人によって向き不向きがあると思いますので、こうしたパーティーが好きな人であれば、参加をした方が良いと思います。この日は清水に寄って、帰ってきてからご飯を食べて参加となりますので、ちょっとバタバタした日にはなりましたね。

6日目は最終日

最後の日となりますが、特に何かをした。と言う事はないです。ご飯を食べ終わると送り出す荷物の準備をして、ドタバタとしながらして一息と言う感じでしたね。午前中の10時前には集合をして下船となります。そこから残った荷物を持って駅まで歩いて電車を乗り換えて4時前に自宅に到着。

その外、実際に係る費用についても下に紹介をしておきます。

私が実際に使った費用

チップについて

まず、チップですが、基本的に都度の支払いはありません。ただし、13.5ドルを黙っていても取られます。このチップ制度は未だに慣れないですね。しかも黙っていても取られる形式になりますので、最終日にこれまでの費用が紙でまとめて送られてくるのですが、13.5ドル×5が自分の中では失念していたので、地味に居たかったです。クルーズの日程次第ですが、10日間のケースでは、これだけで1万5000円程度取られます。結構馬鹿にならないですよね。

水事情

まず、水は有料です。部屋に備え付けで置かれているのも有料になります。価格は500ミリで150円程度。大きい2リットルで400円程度となります。水は薬を飲む際にも必要となりますので、利用度も高いと思います。

そこで活用をしておいた方が良いのが、事前にペットボトルを購入して持ってくる。と言う事ですね。そうしておけば、中身が空になった容器を朝食を取る場所に持っていき、ある水を注ぎ込んで補充する事ができます。そうしておけば、この辺りの費用を抑える事ができます。

下船してのツアーは別料金

例えば、私が参加をした海東竜宮寺のコースですが、29ドルでした。子供の場合には10ドル値引きとなりますが、子供だからと言っても、値引きされないコースもあります。韓国の釜山で言えば一番高いのが69ドルとなります。韓国レストランで焼肉を食べるコースですね。余程の良い肉なのか、そちらのコースでは他には国際市場に行くだけです。ちなみに、これらは一人料金です。

清水では私が参加をしたのは65ドルです。一番高いのは久能山で79ドルです。清水は全般的に高額で最低でも65ドルです。子供なら49ドルのもあります。

アルコールは高い

どこでも、こうした場所ではアルコールは高いですね。中毒症状を起こしている人から取るのは基本です。1杯500円以上ですね。コーラなどは高くはないですね。150円位です。帰ってきたら、自分が吸っているタバコの銘柄が10円値上がりしていました。中毒症状から取る基本ですが、知らない時に値上げされて、コンビニで購入した時に、店員さんが間違えた?と一瞬思いましたが、バーコードだからあり得ないだろう。と思って聞いたら、やっぱり値上げでした。

喫煙事情

シガー・バーではOKです。室内はNGですが、灰皿のあるデッキではOKです。そんなに遠くは感じないので、吸いたくなったら都度行けば良い。と言う感じで、個人的には特に問題はなかったです。

無線WIFI

超絶高額です。1分100円位でした。10時間パックで約8500円です。仕事のメールチェック位はしようと思ってノートパソコンを持ち込んだのですが、諦めました。

食事

指定されたお店では無料で楽しめます。その他、無料ではないレストランもありますが、そちらは予約がまずは必要となります。一人料金は29ドルとなります。寿司については、単価になりますが、概ね3000円分でお腹一杯になるそうです。今回は利用をしていませんので、料理の味の実際については分からないです。

結局かかった料金

絵画が180ドルで、別途証明書が35ドルで25000円位でしたが、それ以外は、時々コーラを飲んでも、5万円行かない程度でした。自分の場合は釜山の某所で一番使いましたが、そちらは日本円になります。合算して5万円いかない位でした。アルコールを飲む人はもう少し見た方が良いと思いますが、アルコール飲み放題プランもあります。飲む前に、フロントでその辺りは聞いた方が良いと思います。

乗船料金

そもそもの乗船料金ですが、この辺りは日数と場所によって料金の幅があり過ぎるので、何とも言えないです。今回のケースだと10万円行かない程度でしたが、直前だと6万円行かない金額で販売をされていました。もしかしたら内側の部屋だったのかもしれませんが、どの道、ボートがあり窓から景色が見る事が出来ない部屋だったので、あまり関係ないので、軽く損した気分ですが、後から知ったので良しとしておきたいです。

長期間、かつ遠い場所まで行くコースであれば、一人料金で20万円程度のコースもあります。部屋をスイートにすれば、当然ながら料金も上がりますし、自動的に取られる形式のチップ料金も増えます。ここで料金を書いても、自分が参加をしたいコースではない限り、あまり意味がないかと思いますので、公式サイトで確認をするのが一番だと思います。

最後に

船酔いに苦しんだ最初の2日間は何も楽しくない。と言う感じでした。医務室の対応も空いているはずの時間なのに電話をしないと対応をしない。電話をしても看てもくれない。と言う事で、気持ち悪いは腹が立つわ。と言う感じでしたが、韓国上陸辺りからは楽しくなりましたね。酔い止めは必ず持っていきましょう。

徐々に味は改善をされたものの、白米が不味い。と言う事で3日目以降は白米を控えた事や、当たりの食べ物の傾向も掴めた事で食事も美味しく感じました。

自分に合うイベント、合わないイベントなども、当然ありましたが、韓国以降は大分気持ちの上でも落ち着いたのと、環境にも慣れてきたので、十分に楽しめました。ここまで本当のダイヤモンドプリンセス乗船記を書いている、あるいは1ページに書いているサイトはないと思いますので、はたのブログ様、私めのサイトも掲載をお願いいたします。

ダイヤモンドプリンセス号乗船記ブログまとめ15選【2017】

そして、帰って来たら民進党がなくなる。とか話が出ていた訳ですが、その後の事は、この記事を最終的に書いているのは総選挙の投票日になりますが、前原と小池は何がしたかったの?

と言う事で終わりですが、ダイヤモンドプリンセスについて何か質問がもしもありましたら、コメント欄からお願いいたします。覚えている範囲で回答をしたいと思います。

取りあえず資料請求でDVD見ちゃって気分を味わってみてね♪

ピースボートの公式サイトへのバナー

追記

元々、別ドメインで掲載をしていた記事になりますが、その中でも原稿の文字数も写真も多いページだったのですが、ウイルス感染をしてしまい、画像も一部消失をしてしまったりしました。

完全に修復は、事実上として無理です。で、画像も多くなっていて、もう何が何だか分からない状態となりましたので、私は諦めました。下に復旧をさせた画像だけは掲載をしておきますので、適当に脳内で、この画像はたぶん、この辺りの画像とか考えながら見て頂ければと思います。

個人的には、ゲロを吐いたり、飯が不味かったり、と良い思い出ばかりではないのと、記事を新規で作るよりも、修復の方がはるかに時間が係る事が判明して良かった良かった。と言う感じですかね。この記事はもう、時間的にも3年位、予定が何もない時に修正をしても良いかな。レベルで、もう、気力がなくなりました。

食事風景

食事風景

バター

バター

パン

パン

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスのパターゴルフ場

ダイヤモンドプリンセスのパターゴルフ場

ダイヤモンドプリンセス屋上にあるシアター

ダイヤモンドプリンセス屋上にあるシアター

ダイヤモンドプリンセスのテーブル

ダイヤモンドプリンセスのテーブル

ダイヤモンドプリンセスのケーキ

ダイヤモンドプリンセスのケーキ

ダイヤモンドプリンセスのケーキ

ダイヤモンドプリンセスのケーキ

ダイヤモンドプリンセスのベッド

ダイヤモンドプリンセスのベッド

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ウエルカムグラスタワー・パーティー

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスのギャンブル場

ダイヤモンドプリンセスのギャンブル場

ダイヤモンドプリンセスのギャンブル場

ダイヤモンドプリンセスのギャンブル場

ダイヤモンドプリンセスで行われたダンス

ダイヤモンドプリンセスで行われたダンス

ダイヤモンドプリンセスで劇場

ダイヤモンドプリンセスで劇場

ダイヤモンドプリンセスで劇場

ダイヤモンドプリンセスで劇場

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

ダイヤモンドプリンセスの船体画像

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

海東龍宮寺

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス

ヌリマルAPECハウス 近くの灯台

ヌリマルAPECハウス 近くの灯台

ヌリマルAPECハウスを灯台から撮影

ヌリマルAPECハウスを灯台から撮影

ヌリマルAPECハウスを灯台から撮影

ヌリマルAPECハウスを灯台から撮影

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

海雲台ビーチ

韓国釜山の高級マンション

韓国釜山の高級マンション

韓国国際市場

韓国国際市場

ステーキジョブス

ステーキジョブス

でっかいアイスクリーム

でっかいアイスクリーム

釜山の国際市場

釜山の国際市場

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

清水港

清水港

清水港

清水港

浅間神社の楼門

浅間神社の楼門

浅間神社の楼門の別角度

浅間神社の楼門の別角度

浅間神社の楼門の像(左)

浅間神社の楼門の像(左)

浅間神社の楼門の像(右)

浅間神社の楼門の像(右)

水呑の龍

水呑の龍

浅間神社の楼門、正面アングル

浅間神社の楼門、正面アングル

静岡浅間神社

静岡浅間神社

浅間神社 何かのお知らせ

浅間神社 何かのお知らせ

玉鉾神社

玉鉾神社

玉鉾神社の案内板

玉鉾神社の案内板

神部浅間両神社の拝殿

神部浅間両神社の拝殿

境内にある植物

境内にある植物

八千戈神社

八千戈神社

八千戈神社の石碑

八千戈神社の石碑

八千戈神社アップ

八千戈神社アップ

八千戈神社の案内板

八千戈神社の案内板

古墳の案内板

古墳の案内板

賤機山古墳

賤機山古墳

麓山神社

麓山神社

大歳御祖神社

大歳御祖神社

神池

神池

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

紅葉山庭園

駿府城公園の案内板

駿府城公園の案内板

駿府城の案内板

駿府城の案内板

徳川家康の像

徳川家康の像

駿府城の本丸跡

駿府城の本丸跡

徳川家康が植えた植物

徳川家康が植えた植物

徳川家康の像

徳川家康の像

駿府城公園、外堀

駿府城公園、外堀

駿府城公園、外堀

駿府城公園、外堀

駿府城公園の門

駿府城公園の門

駿府城公園の外側

駿府城公園の外側

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

三保の松原

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

バルーンドロップ・パーティー

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスで販売されていた絵画

ダイヤモンドプリンセスの船内にあるオブジェ

ダイヤモンドプリンセスの船内にあるオブジェ

ダイヤモンドプリンセス、宿泊した部屋

ダイヤモンドプリンセス、宿泊した部屋

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内の様子

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

ダイヤモンドプリンセスの船内から見た景色

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。