佐谷田神社に行ったら気がついたら上ノ村神社まで行っていた話

荒川河川敷の運動公園
荒川河川敷の運動公園

2022年が始まっていた!

もう自分の中では恒例となっている、年末年始はビジネスホテルで過ごす。そのまま滞在時に参拝も済ませる。と言う事で、今年も佐谷田神社に行って参拝を済ませて、ついでにもう一度瞑想のやり方を確認するぜ!と思って、大晦日の日に早めにキャンプイン。当日は朝早い時間に荒川河川敷で散歩をしてました。

佐谷田神社、宮司が別の場所に召喚中につき不在

もう道順も覚えていたのですが、朝から荒川河川敷の運動公園で散歩をしていたので、ちょっと疲れている状態だったので、タクシーで佐谷田神社へ。

するとどうだろう?やたらと人が少ない。新年初日にこれはなかろう?と思っていたのですが、グッズ売場も閉まっていて、もう嫌な予感しかしなかったのですが、取りあえず拝殿で参拝をしました。その頃には、もう境内には誰もいなくなっていたので、悪い部分を当てると悪いのを吸い取ってくれる。と言う石碑?があるので、両手でつかみ、頭を押し付け、ついでに膝もつけて、頼むぞおい!と気合いを入れて2分程過ごしました。誰かに見られていたら、熱心な巡礼者に思われたでしょうね。

ついでに、登れば富士山を登ったのと同じご利益を得られる。と言う、丘にもなっていない所を踏破。これで今年も富士山を登ったも同然だぜ!と言う事で、売場に貼られている紙を見たのですが、案の定の内容でしたね。ごめんね。宮司不在です。代わりに上ノ村神社におるで♪と言う内容でした。

ふーん。上ノ村神社?取りあえず、上之じゃねーの?ベルクのある所だろ?と言う事で、その場で調べてみたら、距離が約3キロ。歩いていける距離。と言う事で、いくか!と闘魂注入をして、上ノ村神社に向かいました。

結論、最初に書いておきますが、現在、無料で行っている瞑想についても、休眠中となっています。と言う事で、以下の記事に書かれている事は現在休止中みたいです。

良く分からない道をとにかく歩いて上ノ村神社へ

熊谷と言っても、東松山寄りなら分かるし、江南の方もちょっとは分かるけれど、北へ行けば行く程、自分の中では未知の世界。もう限りなく群馬。群馬。怖いよな。ガリガリ君がいるんだぜ。と言う事で、上ノ村神社へ行く為に知らない道をトボトボとひたすら歩きました。そうしたこんなのがありました。

源宗寺  平戸の大仏の案内板
源宗寺 平戸の大仏の案内板

あ!そう言えば、去年、吉田豊隆さんの、お墓に行った時に、行ったわ。その時は、まだ改修中で見れなかったんですよね。と言う事で明日の宿題にしましょう。と言う事で、この時はスルー。ちなみに、吉田豊隆さんに関しては以下の記事です。

上ノ村神社に着いたぜ!

途中でですね。あ!俺、この道を知ってる!多分だけれど、20年前に通った!とか、それこそ、10年以内に2回位は通過をしているはず。とか、色々と歩いてみると、何とかなく色々と思い出すもんです。上ノ村神社へは、まだちょっとあるけれど、もう真っ直ぐ。となったら、もう分かるよね。昔からある神社って、異常に林が多いから、あそこでしょう?と言うのが分かります。と言う事で、歩いて40分位ですかね?流石に汗だくでしたが、無事に到着。

結構、人が沢山いました。お守りを購入したのですが、売場にいたお姉さんが佐谷田神社にいたお姉さんでしたので、瞑想の件について質問をしてみたのですが、お姉さんも吾輩の事を覚えていたみたいです。ほぼ1年ぶりにお会いしたきりだったのですが、それでも覚えて貰っている。どんだけ吾輩、他者との違いがあるのでしょうかね?

とにかく、そこで現在は瞑想も休止中である事を教えて貰ったりしました。何できたんですか?と聞かれたので、歩いてきた。と伝えたら、えーー?となったのですが、近くのバス停を教えて貰ったりして、そりゃ助かる情報です。ありがとうございます。と言う事で、また来年!と言う事で上ノ村神社を後にしました。

なんかね、古宮神社と言う近くにバス停があるんだって!と言う事で古宮神社へ行ってみました。ついにで書いておくと、上ノ村神社で引いたお御籤は末吉。

古宮神社に到着

古宮神社に到着
古宮神社に到着

上ノ村神社からは歩いて数分位?古宮神社へ到着。せっかくだから、こちらでもお守りを購入したり、参拝したり、お御籤を引いてみましたが、末吉でした。今年の俺、完全に末吉。と言う事でバス停探すか?となったのですが、ありましたよ。ただね、市内循環バスで、イメージをしていた国際十王バスではなかった。そして次のバスまで3時間近くある事も分かりました。

さて、ちょっと困ったな。大通りに出ても、タクシーが走っている気配がない。国際十王バスを探す。と言うのが一番無難だろう。と言う事で探したら、歩いて2キロ位であるらしいよ。と言う事も分かったのですが、こっち方面って、著しくバスの感覚の時間が長いんですよね。

と言う事で、結局は行ける所まで行こう。と言う事である程度の土地勘がある熊谷総合病院まで結局歩いていきました。もう、そこまで歩いたら、駅まで歩いて帰れば良くない?と思われるかもしれませんが、もう、おっさん、限界でした。熊谷総合病院のバス停の停留所の前には、誰かが置いてくれた椅子がありましてね。そこで20分程、じっとしていて、バスで帰りました。

所で、新年早々、この20分のバスを待っている間に、熊谷総合病院に救急車が3台来ていましたね。お前ら、お餅を食べ過ぎ。あのな、餅なんて物は、元々は年末年始になって店が閉まるから、その時に備える為の保存食であって、現代社会において、そこまで重視をしなくても良いものであって、必ずしも食べなくても良いもんだぞ。

いやいや、正月と言ったら、お餅!と一番リスキーな世代に限って、正月に餅を食いやがる。まー、本当に救急車が餅を詰まらせた人だったかどうか?そんな事は知るよしもないんですけれどね。

なんやんやで、相当歩きましたね。この後はホテルに戻っても、ご飯を食べに行ったりと、少しブラブラしましたが、大晦日の日にトリマとか言うアプリを入れていましたね。歩数を計測してくれるのですが、1万8000歩を超えていました。どうりで疲れた訳ですな。

と言う事で、この記事は1月下旬にアップをしていますが、記事の内容は1月1日になります。次の記事は大仏様です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。