泉岳寺(赤穂浪士の墓がある寺)

江戸城見学ツアー(江戸城歴史ウォーキング)

泉岳寺の本堂別アングル

泉岳寺の本堂別アングル

上記ツアーに参加をし、まだ時間があったので近くの靖国神社を見た後、こちらの赤穂浪士義士の墓がある泉岳寺へと足を延ばしてみました。九段下からですと、電車で20分位の距離になります。乗り換えは一回です。最寄りの駅名は泉岳寺となり、駅から出て5分ほどの距離に、泉岳寺があります。出口を出て右手にまっすぐとなりますので、道に迷う事はないでしょう。

泉岳寺(赤穂浪士の墓がある寺)で撮影をした写真

泉岳寺の門

泉岳寺の門

泉岳寺の門2

泉岳寺の門2

大石内蔵助吉雄銅像

大石内蔵助吉雄銅像

泉岳寺の境内案内図

泉岳寺の境内案内図

首洗い井戸

首洗い井戸

赤穂浪士の墓の案内図

赤穂浪士の墓の案内図

大石内蔵助の墓

大石内蔵助の墓

赤穂浪士義士の墓

赤穂浪士義士の墓

大石主税の墓

大石主税の墓

浅野長矩の墓

浅野長矩の墓

平日となっていましたが、参拝客も来ており、赤穂浪士の義士の墓を見よう。と言う人が、全体としてはかなりいるのが伺える状況でした。吉良上野介の首を洗ったと言われている井戸なども現存をしており、お寺としての歴史の長さを感じさせてくれる、良いスポットでした。

こちらについては、興味のある人ではないと、中々足を運ばないと思います。興味のある人であれば、こちらには赤穂義士記念館と言う、資料館もありますので、そちらも見たい。と言う人は多いと思います。

そちらは有料となっており、大人は一人500円となってるのですが、閉館時間は少し早めとなっていて、4時までとなっています。規模としてはそこまでは大きくはないのですが、江戸時代に作られた木製の人形や、当時の大石内蔵助の書いた手紙など、貴重な資料も展示をされていますので、一つ一つをしっかりと見たい。と考えている人は、少し時間をとっておいた方が良いと思います。また、館内では、早わかり忠臣蔵と言う感じで15分程度のビデオを見る事が出来ます。

最近では外人さんの観光客も多くなっているみたいで、英語バージョンなどのビデオもあります。もし、先に外人さんが入館をした場合には、英語バージョンを放送してから日本語バージョンを放送してもらう事になりますので、外人さんが見ていたら、資料館であったり、別館の人形館を見てから、放送を見ておき、時間を有効に使っていきましょう。

寺境内自体には入場料は特別になく、当然無料で入る事は出来ます。ただし、お寺にあります、パンフレットなどは有料となります。他の神社や寺では無料でご自由にどうぞ。と言う感じに置かれている紙が有料となりますので、無料と勘違いをして、手に取って持っていくのはやめましょう。線香も売られており、お墓に添える事が出来ます。

上に配置をしております、江戸城ツアーでも、松の大廊下跡で説明を聞く事が出来るので、そちらのツアーの帰りによれば、記憶もフレッシュな状態で参拝をする事が出来るので、忠臣蔵が好きな人は、そうしたコースをプランに組み込んでみるのも良いと思います。

画像にはありませんが、水琴窟とかあります。結構珍しいと思いますので、鳴らしてみて下さい。私はどうにもあまり上手く音を出す事が出来ませんでした。

毎年12月14日には『義士祭(冬)』が行われています。国宝や重要文化財が置いてある。と言う形の寺ではないのですが、好きな人は好き。と言う忠臣蔵にまつわるお寺となっており、浅野家の寺となります。

曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

泉岳寺【東京都港区】

泉岳寺の地図


駐車場はもちろんありません。電車で駅から徒歩で行きましたので、注意をしなかったのですが、コインパーキングだったら、近場にあるとは思いますが、当然有料となります。東京見学として、ついでに寄ってみたい。と言う人の場合には、人数にもよりますが、4人であれば、電車の乗り換えなどをする事を考慮すると、タクシーも移動手段としては十分にありだと思います。

四十七人の刺客(Amazon、有料ですが、そのまま視聴できます)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっと高い飲食店のおばちゃんに、「あたなは大器晩成。50過ぎてから成功する!」と言われました。だから、今は凄く頑張ってもロックが掛かっていて、そのせいで、突き抜けられない。と自分に言い聞かせています。写真はジャワ原人ですが、目が二つで、耳があって口があるので、大体こんな感じです。笑うとオダギリジョーに少し似ていると言われました。イケメン説が浮上しています。